FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その2433=慄く躯。

「ひぃぃぃぃぃっ。」
 悲鳴を上げたのは咲織だった。 三宅は素振りも見せず、振り向きざまに咲織の胸を容赦なく打っていた。 若さの詰まった胸球が弾け、ぶるんと波打ってまた綺麗な球をみせた。 からんからんと蕾に吸い付いていたガラス管の一つが床を転がった。 

 びりんと稲光が躯を突き抜ける。 それと一緒に咲織は悲鳴と共に息を吐き切った。 

「はぁぁぁぁぁ。 ぁぁん。」
 咲織は躯が求めるままに空気を吸った。 肉に差し込む痛みが薄れていく。 それと共にじぃんと痛む胸に蕾から震える様な感悩が肉に拡がってくる。 咲織の喘ぎは甘いものに変わっていった。 

「もう一つ。」
 今度は咲織の瞳に焼き付ける様に三宅は鞭を大きく振りかぶる。 咲織の躯が怖れに強張る。 びぃ~んと言う高い音が鳴った。 
「ひゃぁぁぁぁぁぁぁっ。」
 咲織の細い悲鳴が棚引く。 ひしと掴んだ鎖が大きく揺れて、金属の軋む音が鏡の床に反響した。

「少し、大きくなった。 見てみろ。」
 三宅の言葉に促され、咲織はおずおずと自らの胸の蕾を見た。 血を流してはいなかった。 が、鞭打たれて朱の帯が幾つか横切る白い球の頂点で、蕾は血を固めたように紅く、そして見慣れた自分のものではない程に大きくしこっていた。 

『この蕾をご主人様は求めていらっしゃったの? この蕾なら、ご主人様に責めて頂けるの? あぁ、構われたい。 吸われたい。 指で弄ばれたい。 それが無理ならせめて・・・。』

 両の蕾から発せられる熱い感悩に頭まで痺れるようだった。 咲織は微かに笑みを見せる三宅をうっとりと見上げた。

「嬉しそうだな。 だが、一度ポンプで吸ったぐらいでは、すぐに元通りに萎んでしまう。 毎日、いや壊死しない程度に一日中処置すれば、正月明けには今のぐらいには育つか。 楽しみだな。 その大きさなら、洗濯ばさみ責めでも針責めでも楽に出来る。 熱蝋だって感じやすくなるだろう。」
 三宅の言葉に咲織は胸を濡らした。 喉を熱いものが落ちていく。 咲織はこくりと頷いた。
「次は、判るな。」
 三宅が再び鞭を振り上げた。 咲織の躯は慄き、固まった。

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。