FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2429=縋り付く花びら。

「死んじゃう、麗子さんが死んじゃう。 止めて。 もう、止めて。」
 叫ばずにはいられない麗子の苦しみ様だった。 その断末魔の姿に胸を鷲掴みされ、咲織は後先も考えず、声を限りに叫んだ。 

『奴麗がご主人様のされることに抗議するなんて、許されない。 あぁ、ご主人様に叱られる。 奴麗失格と言われてしまう。 どうしよう。』

 思いのたけを叫び切ると、後悔が咲織を襲った。 が、咲織の叫びが聞こえていない筈などないのに、三宅は咲織を見もしなかった。 その視線は悶絶する麗子の裸身にのみ注がれていた。 胸にナイフが幾本も突き刺さる様な痛みに、咲織は一人哀しい吐息を零した。 

 三宅の視線の先の麗子は、躯を貫き、肉を焼く高電圧の稲妻に苛まされ、しなやかな裸身に鋼を呑まされたように強張らせ、狂った様に弾け続けていた。 

 古風と言う言葉さえ似あう麗子の美貌から今はその穏やかさは消え、娼婦の様な婬らさが剥き出しになっていた。 そのしっとりとした切れ長の眼は焦点を失い、宙に漂い、やがて気が振れた様に白目さえ浮かべた。 

「あぁ~~~~~。」
 三宅はようやくスイッチを切った。 がくんと麗子の躯が最後に跳ねた。 柔らかになった麗子の躯の二つの穴を貫くディルドゥが深々と肉の奥深くまで突き刺さる。 麗子は最後の絶叫を噴き上げた。 そして、両腕を吊る鎖に身を預け、三角木馬の上でぐったりと動かなくなった。 

「あぎゃぁ~~~~~。」
 三宅が乳首を咬む鰐口を外した。 麗子は激痛に息を吹き返す。 しなやかな背が折れ曲がった。 突き出された丸い乳房の頂から紅い血がたらりと白い肌に流れ落ちる。 大きく肥大化された乳首は血の色を見せて紅く腫れ上がり、ゆっくりと歪んだ形から丸さを取り戻していく。 形の好い唇が歪み、涎を滴らせた。 

「あ、あ、あぁ~~~~~。」
 モーター音が響き、麗子の腕が持ち上げられていく。 やがてその裸身がゆっくりと上がっていき、麗子の桃色の股間から二本のディルドゥが、その禍々しい金属質の輝きをみせ始めた。 ねっとりと麗子が浸み出せた婬蜜が白く絡みついたそのディルドゥには今も麗子の紅い粘膜が名残惜しそうに縋り付き、生き物の様にぶるぶると振動を繰り返していた。  

「あぐぅ~~~~~。」
 麗子の二つの穴を押し広げ、ディルドゥの頭がずぼりと抜けた。
 

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

関連記事

PageTop