FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2425=奴隷として。

「いゃぁぁぁ。」
 麗子以上に見ている咲織が叫んでいた。 同じ女だけに、乳首を金属のクリップに咬まれる痛み、そして大切な大切な器官が千切れるかも知れないと言う本能的な怖れを我が事の様に感じた。 悲鳴を上げた咲織は現実に痛みを感じて、その裸身を強張らせた。

 自分の声に驚き、叱られるのではと怯える咲織に三宅は冷たい笑みすら見せなかった。

「もう一つ。」
 三宅は麗子の残った乳首に何事もなかったかの様に電極の鰐口を咬ませた。 
「痛い~~~。」
 麗子は再び背中を折れるほど反らして哭き上げる。 乳首から伸びる痛みと言う一本の糸に全ての細胞が繋げられ、その糸を無理やり引っ張られているかのように美しい裸身は爪先まで硬直した。 

 大切な乳首は鋭い牙に咬み切られ、だらだらと血が流れている気がして、麗子は下を向けなかった。 ただ何時までも和らぐことの無い痛みに裸身を震わせる。

「おまえの好きな電気をその乳首に流してやろう。 哭くがいい。 好きなだけ。」
 三宅は電圧コントローラーのスイッチを入れた。 

「あぎゃぁ~~~~~~~~っ。 は、は、はぁ、はぁ~~~。」
 文字通り雷に打たれた罪人の様に、麗子の躯ががくがくと踊った。 躯を支える細腕が痙攣をみせる。 肺腑が空になるまで絶叫を噴き上げた。 何も吐くものが無くなると、品の良かった紅い唇はだらだらと涎を憚らず垂らしながら、釣り上げられた魚の様にぱくぱくと喘ぐ。

 文字通り胸を躍らせ、乳首を咬んだ鰐口から伸びた電気コードが白い裸身の上で跳ねていた。 肉厚の尻たぼは緊張してきゅっと絞られ、美しい線を描いていた。 その股間から侵入しているディルドゥは更に麗子の肉を抉る。 新たな苦痛に麗子は仰け反った躯を身を守ろうとする様に丸めようとした。 

「良かったか。」
 まだ躯の中を電気に貫かれているかの様に引き攣った表情を見せている麗子に、三宅は聞いた。 
「はぁ、はぁ、はぁ。 よ、良かったです。」
 地獄からようやく戻った麗子は、健気にも薄い笑みを見せて頷いた。 死地から戻ったばかりと言うのに、何故か躯は、また死地を求めていたのかも知れない。 とことん堕ちたい。 そして、惚れた男に鞭打たれて果てたいと麗子の女が望んでいた。

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 


関連記事

PageTop