FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2421=三角木馬。

 太く長い二本のディルドゥは一本は直腸を超え、もう一本は子宮口を突いていた。 躯をずぅんと内側から突き破られる重い苦しみに麗子は脂汗を浮かべ、美貌を歪めて、哭いた。 いや、哭くしかなかった。 両手首を吊り上げている鎖は切れる様な物ではなく、どう脚を伸ばしても爪先は床に届きそうになかった。

 跨がされている三角木馬から少しでも逃れようとすれば、ディルドゥは更に粘膜を突き上げ、鋭い三角の稜線が薄い会陰を引き裂こうとしてくる。 藻掻けば藻掻くほど苦痛は増した。 そして、この責め苦に負けて、裡腿から力を抜き、常に襲い来る苦痛に身を任せれば、ディルドゥはやすやすと直腸を子宮口を貫き、絶望的な苦しみにのたうち回らなければならない。 のたうち回れば回るほど、ディルドゥは躯の中で暴れ、木の稜線は薄い肌を鋭く切り裂いてくる。 この女の弱点を最大限に突いてくる責め苦から逃れる道は何処にもなかった。

 今襲い来る苦しみだけでなく、元々、奴麗になった時から、奴麗には所有者から与えられる責め苦から逃れる術は無かった。 逃れる道があるなら、自分の意思で自分の道を決められるなら、元々奴麗ではないのだから。 奴麗に与えられるのは羞恥と屈辱、そして苦痛、そして昏い肉の悦びと耐えた後の歪んだ心の歓び、それだけだった。 その事を肌で肉で知らされ、麗子は哭いた。    

「いい声だ。 だが、もっと色っぽく啼いていいんだぞ。 何も体重を支える必要はないんだ。 三角木馬に躯を預け、深々と突き刺さるディルドゥに身を委ねて愉悦を貪ればいい。」
 三宅は麗子の髪を掴み、自分に向かせた。 その哭き声さえ奪う様に唇を吸った。 麗子の躯が窒息の苦悶にのたうち、乳房が大きく上下する。 
「折角二つの穴に深々と咥え込んだディルドゥだ。 もっと楽しんだらどうだ。」
 三宅の惨い言葉に麗子は嫌々と髪を振る。 

「そうか。 楽しませてやろう。 そのディルドゥ自身はモーターを内蔵していないが、差し込んである処は振動する様に作ってある。 きっと、天国にも昇る心地がするぞ。 いい声で啼け。 啼いて、その躯をのたうたせて俺を愉しませてくれ。」
 三宅は三角木馬の下部に手を伸ばした。 かちりと小さな音がした。 同時に予想外に大きなモーター音が調教部屋に轟いた。 黒い三角木馬が喰い込む麗子の白い尻たぼがぶるぶるとさざ波を打った。

「あがぁ~~~。 うぎゃぁ~~~~~~。 ぐぶっ。 ごふっ。 うげあ~~~。」
 麗子は声を限りに哭き叫んでいた。 まるで暴れ狂う裸馬から振り落とされまいとする様に太腿を震わせて三角木馬に膝でしがみ付く。 その上で嫋やかな上半身を鎖の下でくねらせる。 巨きな乳房がぶるんぶるんと円を描いて宙に踊った。

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

関連記事

PageTop