FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その2419=熱いです。

「あぁ~~~ん。 あぁ~~~。 ご、ご主人様、もう、もう。 あぁ~~~。」
 麗子の裸身が宙で右に左に身悶える。 三宅の顔も見れず、麗子は天井を見上げて婬らに啼き始めた。

「本当に尻でも感じるらしいな。 それならステンレスのディルドゥも心行くまで楽しめるだろう。」
 三宅はわざとらしい呆れ顔を見せた。 麗子は恥じらんで見せる余裕も無く、三角木馬の上でその豊かな裸身を悶えさせ続ける。

「味わえ。」
 ステンレス柱に仕込まれたモーターが再び唸りを上げ、麗子の両腕を吊っている鎖が緩み始める。 麗子の脚は落ちる躯を支えようと三角木馬に縋り付く。 三角木馬から食み出した細い足が頼りなさに虚しく宙を掻く。

「うぐぅ。」
 鎖ががちゃがちゃと鳴った。 麗子の女らしい細腕がぶるぶると震えていた。 たわわな胸が怯えたように揺れる。 その頂きで桃色も濃い乳首を飾る金色のピアスが光の輪を描く。 麗子は血を流したように紅い唇を噛み締め、必死に落下を堪えた。

 三宅は電圧コントローラーを手にその様子を楽しげに眺めていた。 細身の革のパンツがはっきりとテントを張っていた。 

「あがぁ~~~。」
 麗子の躯が徐々に落ちていく。 ステンレスのディルドゥが麗子を犯していく。 金属光沢を纏った兇器が桃色の肉の中に埋まっていく。 

「あぁ~。 あぁっ。 あぁ~~~~~っ。」
 ついに銀色の大きな卵然としたディルドゥの頭が麗子の中に埋まった。 紅い花びらは薄く透ける程に押し広げられ、ひ弱な上下の切れ目は今にも裂けそうに薄い。 ぬるりと白さを持った粘液がステンレスの胴を伝っていく。 

『なんて、なんて酷い。 なんて無残な。 でも、でも、心を奪われてしまう。 麗子さんの姿に。 麗子さんの啼き声が聞きたい。 悶える姿が見たい。 血が熱い。 熱いです。 ご主人様。』

 麗子の姿に瞳を奪われ、恥ずかしい姿を曝している我が身も忘れて、咲織は鎖の下で華奢な裸身を朱に染める。 ガラス管がその胸の頂きで、すらりと伸びやかなか細い脚の頂点でゆらゆらと光を跳ね返す。

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。