FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2411=電撃。

「感じるか。 安心しろ。 アヌスフックの先は綺麗に丸くなっている。 間違ってもおまえの直腸に突き刺さる事はまず無い。 ま、無茶苦茶に顔を振り立てれば多少は避けるかも知れないが。」
 呻き続ける麗子に三宅は無邪気な顔で話し掛けた。
「こうしてアヌスフックが直腸をお満子に押し付ける方がローターの振動がより感じられるだろう。 どうだ。」
 三宅は麗子の顔をぐいぐいと上下に動かした。 ばりばりと紅い蝋の残骸が尻の谷間から落ちていった。 後ろ髪に結ばれた麻縄がぴんと張り詰め、尻たぼから突き出したアヌスフックの柄がぎらぎらと光りながら踊る。 時に赤々と粘膜までも抉り出して。 

「ぐがあぁ~~~。 あぐわぁ~~~。 ぐわっ。 あぁ~~~ん。」
 麗子は媚び、そして咎めるような視線を三宅に送りながら、鰐口に挟まれた長い舌を震わせる。 張り付けられた裸身が限られた中で精一杯にのたうった。 それは色香を振り撒き、誘っているように見えなくもない。

 三宅は麗子の躯から離れ、電圧ボックスのボリュームダイアルに指を掛けた。 眼の端にそれを捉えた麗子の顔が恐怖に強張る。 

 三宅は頬を綻ばせて、麗子の肢体に見入った。 三宅の指が大きくボリュームダイアルを回す。
「ひぎゅぁ~~~。 あ゛ぁ~~~。 ひぃ~~~。」
 鎖の下で麗子の裸身が釣り上げられた鰹の様に跳ね回る。 引き出された血が滴るほどに紅い舌を震わせ、咬み続ける鰐口を跳ね上げた。 美しい顔は怯えた表情を仮面の様に載せている。 

「あ゛ぁ~~~。 はうぅ~~~。」
 三宅はボリュームを下げた。 麗子は大きく胸を揺らして、溺死から生還した者の様に喘ぐ。 その女らしい曲線で描かれた裸身はまだ続く電気責めに絶えず痙攣を見せている。

 三宅はそれからも、ボリュームを上げ下げした。 三宅がボリュームを上げる度に麗子の量感ある裸身は跳ね狂った。 麗子の生殺与奪は正に三宅の右手に掛かっていた。   

「あぐうぅ~~~。 あぁ゛ぁ~~~。 ぎぃやぁ゛~~~。」
 麗子のの腕が鎖を引き千切らんばかりに硬直して震える。 胸の谷間から汗が滴り、ピアスを飾られた臍に流れ込んでいた。 乳首は紅く腫れた様にぱんぱんにしこり、揺れると言うより波打つ乳房の頂で怯えていた。 

 三宅は一気にボリュームを上げた。 麗子の切れ長の眼が大きく見開かれる。 見ている咲織の息さえ止まった。

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 


関連記事

PageTop