FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その2395=朱を載せた頬。

「いい眺めだ。 菊華も秘部も、口も、男を迎え入れるための器官を全て曝け出して、破廉恥極まりないな。 しかも、尻も、背も、乳房も、股間も好きなだけ責め立てられる。」
 三宅は自分が作り出した奴麗の周りをゆっくりと回った。 時折、製品の性能を確かめる様にその息づく柔肌に触れる。 その度に麗子は高く啼いて、三宅を歓ばせた。

「これで、与えられる責め苦から逃れたくとも、逃れられなくなった。」
 三宅は麗子の正面に回り、俯く事さえ許されなくなった麗子の顔を覗き込んだ。
「逃げる積りは元よりありません。」
 喘ぎの下から麗子は毅然として言った。

「いい心掛けだ。 だが、どんなに覚悟を決めていても、本能には勝てないものだ。 最後の最後で躯が逃げてしまい、本当のオーガスムを感じられない事もある。 鞭から逃げようとして予期しない処に傷を作る事もある。」
 三宅の言葉に麗子の眼が戦く。 唇がわなわなと震えていた。 

「それに雁字搦めに縛り付けた訳じゃない。 だから、おまえが痛みに、感悩にその身をくねらせる余地はたっぷりと残されている。 せいぜい、その躯をのたうたせて楽しませてくれ。 ただし、苦痛から逃れようとその身をくねらせればくねらせるほど、菊華にフックが喰い込み、苦痛が増すだろうが。 いや、アルゴラグニアのおまえには歓びか。」
 形の好い麗子の鼻を顎を掴んで口を開かせると、三宅は唾をだらりとその中に落とした。
麗子は眼を開いて三宅を見詰めたまま、その唾を飲み込み、朱い舌で唇を舐めて見せた。  

「しかも、おまえの自慢の肉便器のこの口を何時でも好きなだけ愉しめる。 この姿勢では、口に入れられた俺の物を吐き出す事も出来ないだろう。 おまえの口には歯は無い。 おまえの口を愉しみながら、傷つけられる心配なしにそれこそ、断末魔の苦しみでも苦痛を与えられる。 せいぜい喉を震わせて、俺の物を刺激してくれ。」
 判ったかと言う様に、三宅はぱんぱんと動かす事の許されない麗子の優美な頬を叩いた。
「はい。」
 麗子は軽い平手打ちに朱を載せた頬でうっとりと三宅を見詰めた。

「感じているか。」
 三宅が下向きで一層巨大に見える麗子の乳房を掬い上げる様に揉んだ。
「あぁ~~~。 はい。 あぅん。」
 突き出した尻たぼをまるで犬ころの様に振り、麗子は啼く。 

「感じ続けろ。」
 三宅は自分の二の腕ほどもある和蝋燭に火を付けた。

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。