FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2337=本当の姿。

「ふふっ。 おしっこ浣腸が腸内で暴れて苦しいですか。 息が出来ずに窒息しそうですか。 喉が震えていますよ。 まるで生身の快楽マシンみたいに俺の物を震わせ、扱いてくる。 麗子さんが苦しめば苦しむほど、俺の物に与える快感が強くなる。 この瞬間が一番感じます。 奴麗の断末魔の反応がご主人様にとっては快楽になってしまう訳だ。 ふふ。 このジレンマがサディストの醍醐味。 麗子さん、あなたは最高の肉便器ですよ。 俺のを震わせながら、まだ吸い込んでくる。 もっと、苦しめ。 もっと悶えろ。 もっと感じさせろ。」
 三宅は麗子の頭を更に股間に押し付けた。 一番な敏感な肉傘で麗子の痙攣する喉を味わうための動きだった。 

『麗子さんが死んじゃう。 ご主人様放してあげて。 麗子さんの躯があんなにがくがくと。 ご主人様、本当に麗子さんを・・・。 ご主人様、怖い。 いつものご主人様じゃないみたいに。 それとも、これがご主人様の本当の姿?』

 逝き過ぎて霞が掛かった咲織の意識でさえ怯えるほど、麗子の苦しみ様は凄絶だった。 
息苦しさに黒いラバーの下で肩甲骨が折れそうに捩れていた。 頭を前後に動かされるなら、息を継ぐ一瞬が与えられる。 だが、高い鼻すら下腹にめり込むほど、股間に顔を押し付けられ、喉さえ熱棒に貫かれては呼吸を止められたのも同じだった。 空気を求める麗子の躯が断末魔の痙攣を見せる。 

「息をさせてやる。」
 三宅は乱暴に麗子の頭を持ち上げた。
「ぐばっ。 あ゛~~~っ。 はぁ、はぁ。」
 黒いマスクに穿たれた穴から飛び出した紅い唇が涎に塗れながら、ぱくぱくと鯉の口の様に喘ぐ。 首から垂れた錘が揺れて、剥き出しの乳房が引き攣った。

「飲み込め。 喉まで深く。」
 まだ息絶え絶えに喘ぎ続ける麗子の頭を三宅がぐいと引いた。 麗子は押し付けられる前に自ら三宅の熱棒を喉深く突き刺す様に飲み込んでいく。 三宅は両手を麗子の頭から放して自分の頭の後ろで組むと、リラックスした表情で咲織を仰ぎ見た。 
「いい奴麗だろ、麗子さんは。 俺が何を求めているか分かっている。 わざわざ押さえ付けなくても、俺の物を深々と飲み込んでくれてる。」
 
『麗子さんを見習えと仰るのですね。 ご主人様の意を汲んで、自ら苦悶を求めろと。 苦悶にのたうつ姿をお見せして、愉しませろと。 もっと、もっと堕ちろと。 出来ない。 出来ないと思います。 駄目な奴麗です。 駄目奴麗は要らないと仰いますか。』

「はい。」
 としか咲織には言えなかった。 ただ哀しみが、怖れが、細胞に染みていく。

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 


関連記事

PageTop