FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2335=爆ぜる。

「あぁぁ、逝くぅぅぅぅぅぅ。 あぁぁんん。 あぁぁん。」
 咲織の躯が鎖をがちゃがちゃと激しく鳴らして痙攣した。 三宅の指を濡らした婬蜜は今やその手首にまで達している。 タイルを掴もうとする紅い爪先が時折宙に足掻く。 三宅の視界で二つの桜色のたわわな胸球が上下に踊っていた。 紅い唇を天に向かって、喘ぎ、自らの唾にてらてらと光った。 

 咲織の秘鞘はたった一本の三宅の指さえ喰い千切らんばかりに締め付けてくる。 締め付けながら奥から花びらへと蠢動し、みずから飲み込もうとする。 三宅の全てを欲しがっている様に。 

「あぁぁぁぁぁ。 あぁぁぁぁぁ。 逝っくぅぅぅぅぅぅぅ。 もう、もう、堪忍してぇぇぇぇぇ。 だめ、だめ、ぁぁぁぁ。 許して。 また、逝くぅぅぅぅ。」
 納まりかけた痙攣が再び咲織の躯を鎖の下で躍らせる。 細っこいが骨を感じさせない太腿に筋が浮かび、ぴくぴくと震えていた。 桜色のしなやかな肢体が震え、くねり、男を愉しませる最高の舞を見せた。 
 
「あぁぁぁぁぁ。」
 一啼きの後、咲織の啼き声が途絶えた。 すらりと伸びた脚が痙攣し、その美しい三角形の頂から透明な飛沫がシャワーとなって三宅と麗子に降り注ぐ。 飛沫を噴出しながら、咲織の躯は幾度も幾度もその細い腰から折れ、発条の様に前後に跳ねる。 

「やめてぇぇぇぇ。 狂う、狂います。 狂っちゃうぅぅぅぅ。」
「あぁぁんんん。 あ、あぁぁぁぁっ。 あぁぁぁぁぁ。」
 三宅は指の抽挿を止めなかった。 咲織は巻き毛を振り、啼き上げ続ける。 小水の噴出が止まっても、咲織は啼き続け、躯がばらばらになるほど、痙攣し続けた。 咲織の大きな瞳は何も映さず、宙を彷徨った。

 そして、浴室に静寂が戻った。 麗子はラバーに包まれた躯を時折、苦しげにのたうたせながらも、三宅の物を喉まで迎え入れては、唇で扱き続けていた。 その婬らに湿った摩擦音だけが、ことさら大きく響く。 

「あぁぁぁぁ。 許して。 許して。」
 再び、咲織が啼き始める。 許しを請う紅い唇は自らの唾に塗れて一層紅く咲いていた。 噴出が止まった秘唇からはまだ婬蜜がだらだらと滴り落ちていた。 

『狂う。 狂ってしまう。 ううん、もう狂ってしまった。 あぁ、爆ぜる。 白い花火が。 また、爆ぜる。 壊れる。 壊れる。 壊れたい。 壊れたい。 もっと、もっと、もっと欲しい。 ご主人様に包まれたい。』

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

関連記事

PageTop