FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2331=胸を鷲掴みに。

「苦しいですか。 でも、我慢した方がいいですよ。 あんなストッパーを便意に負けて跳ばしたら、二度とストッパーが取れない躯になりますよ。 元々看護婦だった麗子さんなら判ると思いますが。」
 三宅は麗子を犬這いに戻した。 その丸い尻たぼの谷間から伸びている黒い尻尾の根元を持って、右に左に捩じる。 麗子はその度に押し殺しようの無い呻き声を洩らした。 黒いラバーの頬を涙が一つまた一つと落ちていく。

「心配は要りませんよ。 存分にこの口を味わいたいですからね。 どんなに直腸の圧力が高まっても粗相などしない様にしてあげます。」
 三宅は咲織に見せる様に、ぞくりとする笑みを口の端に浮かべた。 麗子の女らしい曲線を描く腰に麻縄を掛け始めた。 麻縄が腰を一巻きする度、腰は一層細く縊られ、麗子はその紅い唇を唾で濡らして嘔吐いた。  

 三宅は麗子の苦悶など眼中にない涼しげな顔で、腰に巻いた麻縄の中心に別の縄を二重にして通した。 そのまま尻たぼを割り、生えている尻尾を左右から挟み込むように股縄にした。 無論、引き裂かれた秘唇を責めされるために瘤を作ることを忘れはしなかった。
 三宅は念を入れて股縄を二往復させた。

「あぐぅ~~~。」
 股縄に上下左右から締め付けられたストッパーが麗子の菊華を更に押し開き、直腸に喰い込む。 麗子は背を折って、哭いた。 

「これで、どう足掻いてもストッパーは跳んだりしない筈だ。 優しいでしょ、俺は。」
 三宅はその呻き続ける顔を両手で挟み、覗き込む。
「はい、三宅様はお優しいです。」
 麗子は絶え絶えの息の下から声を絞り出す。 

「じゃあ、口便器の使い心地を味わわせてもらいましょうか。」
 三宅は咲織の鉄パイプに割り裂かれた股間の真下に寝転んだ。 全てが見えているぞと咲織に知らせる様に、咲織にウインクして見せた。 

『ご主人様に見られてしまう。 私がこうして一人縛られて、麗子さんが責められているのを見ながら、躯を熱くしてしまったことも、知られてしまう。 婬らな女だと、また知られてしまう。』

 咲織は羞恥に身を捩り、足枷を鳴らした。 全てを見られる場所、それは同時に咲織から否でも麗子が三宅に口で奉仕する姿を余す処なく見える位置でもあった。 麗子が黒いラバーに包まれた躯を右に左に捩りながら、三宅が大きく開いた脚の間を進んでくる。 咲織は羞恥を忘れ、何かに胸を鷲掴みされていた。

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

関連記事

PageTop