FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2325=歯の無い口の味。

 麗子は三宅の股間の下から顔をあげた。 もう一つの乳房もとねだる様に胸を反らせた。 ラバースーツが乳房を喰い破る様に乳房の根元を絞り上げる。 

「前戯はもうそのくらいでいい。 そろそろその歯の無い口の本当の味を愉しませて貰いましょうか。」
 三宅は麗子の黒いラバーの顔を両手で挟んだ。 左右から圧迫されながらも、麗子の肉厚の紅い唇が物欲しげに開いていく。 三宅はその唇に屹立を突っ込んだ。 

「あぐぁ~~。 んぐっ。」
 麗子は喉深くまで三宅の物を突き立てられ、呻いた。 伏せられた睫毛から溢れたを濡らして、苦しみの涙が黒いラバーを濡らしていく。 空気を求めて咳込む胸が激しく上下した。 首輪から垂れた錘が乳首をそして秘芽までも引き回して大きく揺れる。

 それでも麗子は懸命に口の中を圧する三宅の物に快楽を与えようとした。 必死で息を吸い黒いラバーの頬を窄めて、三宅の肉傘に隙間なく口腔の粘膜を密着させる。 唇に力を込めて三宅の竿に吸い付いた。

 三宅は麗子の喉の痙攣を肉傘でたっぷりと愉しんだ後、じわじわと麗子の頭を動かして屹立を引き抜いていく。 その引き締まった顔に笑みが浮かんだ。

「こういう事か。」
 三宅は学者の表情で麗子の頭をゆっくりと前後に動かした。 麗子の真ん丸に膨らんだ乳房が苦しげに揺れる。
「成る程な。 飯田が歯を抜かせた理由は、これか。 凄い。 歯が無いから、麗子さんが頬を窄めれば、俺の物に根元から先までぴったりと麗子さんの口が張り付くんだ。 歯があれば傷つけないようにと肉傘だけでも隙間が出来るがそれが無い。 竿まで麗子さんの口に包まれる。 体温を感じる。 快感が一か所だけじゃなく全体で感じられる。 俺のもの全部から突き抜ける様に性の悦びが拡がってくる。 成る程、これはやるだけの価値はあるな。 もちろん、奴麗だからと言って、麗子さんの人としての人生まで奪っていいとは思えないが。」
 三宅は感に堪えないと言う恍惚の表情を見せながら、まるで麗子の口が性処理用の新しい玩具でもある様に己の快楽を引き出すためだけに麗子の頭を動かし続けた。

 麗子の突き出させられた乳房が苦しみに朱に染まっていた。 二つの半球が作る深い谷間を汗が流れ落ちる。 土間に付けられた双臀が緊張していた。 

「ぷはぁ~。 あが、はが、あぐぁ~~~。」
 三宅に屹立を引き抜かれて、麗子のラバーに包まれた女体が全身で噎んだ。 幾度も背中が折れそうに弓反った。

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

関連記事

PageTop