FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2309=見られたい裸身。

「あぁぁん。 いっ、痛っ。 お止めください。」
 弾かれる度に、鋭い痛みが走る。 その後から腰が砕ける程の感悩の波が肉に拡がっていく。 丸く艶々とした踵はシーツを離れ、爪先立ちに耐える。 

「今にも弾けて血が噴き出しそうだな。 ルビー色のイクラと言ったところか。」
 三宅は咲織の反応を楽しそうに眺めては、剥き出しにした秘芽を根本を挟むピアスの珠ごと指先で弾き続けた。 そこには愛など感じられなかった。 女の躯を、女を玩具として楽しんでいた。 三宅は少年の無邪気さと残酷さで咲織の秘芽を弾き続けた。 

『ご主人様があんなに嬉しそうに。 可愛い。 あんな顔でされたら、何でも許してしまう。 どんなに辛いことでも耐えられる。 ううん、耐えられなくても耐えたい。 見ていたい。 ご主人様の顔。 見られていたい。 ご主人様の瞳に私を映していてください。』

 最も敏感で、最も秘すべき、それ故に大切に扱われるべき体の奥深くに隠された秘芽を剥き出しにされ、玩具にされても、なお咲織は馬鹿にされていると憤りはしなかった。 喜んで三宅に弾かれ続けた。 

 咲織の躯はやがて弾かれる鋭い痛みに慣れていった。 が、その余韻として起こる感悩の波には慣れると言うことはなかった。 さざ波は寄せ集まって大波になる様に感悩の波は深く、高くなっていく。 

「あぁぁんん。 ご主人様ぁ。」
 三宅が指先で秘芽を弾く。 咲織の白い裸身は光を散りばめて弧を描く。 細い喉が高く啼いた。 咲織は自分の躯が溺れようとしているのを知った。 感悩の海はすぐそこに拡がっていた。 

『ダメ、ダメ。 逝っては。 ご主人様のご命令だもの。 電気鞭が怖いんじゃない。 ご命令だから。 ご主人様に楽しんで貰うの、逝けない地獄でのたうつ姿を。』 

 咲織は掴んでいた自らの細い足首に爪を立てた。 痛みに身が引き締まる。 感応の波が引いていく。 が、それは一瞬のことだった。 すぐにより大きな波が咲織を飲み込もうと打ち寄せる。 咲織は光の波頭が砕けるのを見た。 
 
「何て婬らな顔だ。 今なら、電気鞭の刺激でも逝きそうだな。」
 急に刺激が一切止められた。 波間に放り出されて咲織はぼうと三宅を見た。 余りに無防備で無垢な貌だった。

「逝かせて罰として電気鞭で気絶させてもいいが、明日が詰まらなくなる。 明日、乱れろ。」
 三宅は繋いでいた咲織の手枷と足枷を離した。


☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

関連記事

PageTop