FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その2303=舌使い。 

 根本をピアスの珠に挟まれた咲織の秘芽は小さいながらもぱんぱんに充血していた。 守るべき包皮を切除され、薄い薄い粘膜を剥き出しにした咲織の秘芽は今にも割れて血を噴き出しそうに紅く輝いていた。 

「綺麗なものだ。 女の秘芽を可愛いと思ったのは初めてだ。 いや、一度あるか。 自分が奴麗を持つなど思いもしなかった時に。」
 三宅は指で咲織の秘唇を裂き、なお秘芽を隠そうとする肉厚の花びらを抑えて、咲織の秘芽を穴が開くほど眺めていた。 咲織には三宅の言葉は届いていなかった。 届いていれば心が騒めき、躯の熱も冷めていたかもしれない。 違う物語が紡がれたかもしれない。 

 だが、咲織の躯は余りに婬美な波にさらされ過ぎていた。 欲しくて欲しくて堪らなかった。 咲織はただ自分の最も隠すべき処を、慾望の源泉を見られていると言う羞恥に、そして興奮に身悶えていた。

 三宅が見ている間にも咲織の秘部は潤んでいく。 後から後から婬蜜を溢れさせた。 それは咲織の躯の疼きそのものだった。 長く長く刺激され続け、疼きに疼きながら満たされることの無かった躯が今、悦びに打ち震えようとしていた。

「あぁぁぁぁぁぁぁ。 やめてぇぇぇ。」
 三宅は軽く咲織の秘芽に触れてみた。 自分が改造させた好みの玩具がどんな感度なのか、爆ぜたりしないのか確かめたかっただけだった。 

 その軽いタッチが咲織にはナイフを秘処に刺された様な刺激となって伝わった。 それ程までに包皮を剥かれた秘芽は敏感になっていた。 躯が怖がった。 咲織の腕が三宅を遠ざけようと三宅の頭を押して突っ張っていた。 

「そこまで感じるか。 到底、普通の人生は送れないな。 奴麗として、肉便器として生きろ。」
 三宅は咲織の枷の嵌った手首を一つに掴むとぐいと押し上げた。 一つにしていた金具を外し、それぞれ左右の足枷に留めた。 未だに躯を走る電気に耐える様に咲織の掌が自らの足首をひしと掴んだ。

「啼くがいい。 啼きたかったんだろ。 いい声を聞かせろ。」
 三宅は再び股間に顔を埋めた。 先程の反応を確かめる舌遣いではなかった。 いきなり小ぶりな咲織の秘唇全体を口に含む。 口の中に全てを入れようとする様に強く吸った。 三宅の口で婬蜜に塗れた肉の花びらがくちゅくちゅと婬らな音を立てた。 

「あぁぁぁぁぁぁぁ。」
 咲織は絶叫を上げた。 細くすらりと伸びた脹脛に筋が走る。 それはがくがくと痙攣を見せた。

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。