FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2290=泡の女。

 三宅は咲織の掌にしたボディーネットが胸の谷間から平らな腹へそしてきゅっと細く細くくるりと弧を描く腰へと羽根のタッチで移っていく。 何時にない優しさに雲に乗ったように揺蕩う躯に感悩の蜜が満ちていく。

『あぁ、ご主人様。 幸せです。 本当に。 夢を見てるみたいに。 怖いくらいに。 あぁ、ダメ、ダメです。 肌が感じてしまう。 ぴりぴりと婬らな電気が肌から走る。 堪っていく。 躯の中に。 いやいや。 そんな風には感じたくない。 この幸せを感じていたいのに。 この掛け替えのないあったかな幸せを味わっていたいのに。 躯に刻みたいのに。 ダメっ。 私の躯。 ダメっ。』

 ボディーネットが咲織の柔肌を移ろう度に、咲織の躯はぴくぴくと小さな痙攣を見せた。 その女の反応に気づいているのか、いないのか、三宅の掌はまるで余りに傷つき易い真珠を磨く様に軽く、そして慎重に咲織の肌の上に泡を残していく。 

 静寂を、幸せを壊すのが怖くて、咲織は喘ぎを堪えた。 上を向いても円やかさを失わない胸が大きく上下する。 白い泡から覗く桜色の乳首が恥ずかしげに揺れて見える。 

『来ないで。 そこは、ダメです。 ご主人様。 あぁ、でも。』

 両の脇を洗うネットが下腹に移ろい、ぴったりと合わさった太腿をなぞる。 ネットの次の目標はそのぴったりと合わさった太腿が隠している処に違いなかった。 咲織の裸身が不安と期待に緊張した。 

「あぁぁん。」
 犬語も忘れ、咲織の中の感悩が噴き出す。 上付の咲織の割れ目は太腿の合わせ目が描く谷間から恥ずかしげに顔を覗かせている。 その上をネットが愛撫する。 泡がきめ細かな柔肌の細胞一つ一つを綻ばせようと撫で回す。 細い電気が走った。 咲織の中に溜まりに溜まった感悩の油に火が付く。 もう堪えられなかった。

「いゃぁぁぁん。」
 咲織は感悩の火に炙られ真っ赤になった頬を両掌で隠した。 華奢でいながら、柔らかな裸身がいやいやと波打つ。 

「開け。」
 三宅の命令を待ちかねていた様に咲織の細くもむっちりと弾力を見せる脚が左右に開いていく。 おずおずとそして厳かに桜色の秘唇が顔を表す。 秘唇は既に朱を濃く載せて、ぷっくりと充血している。 何時もなら幼女の様にぴったりと合わさっている秘唇は、愛撫を誘う様に微かに開き、一層赤い花びらを見せていた。 

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

関連記事

PageTop