FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2283=痛みと奉仕。

「あぁぁん。 あぅん。 ぅぁん。 いゃぁぁぁぁ。」
 三宅は鋭い鞭を放つために、一歩咲織から下がった。 片手で咲織の足首を掴んで固定すると、紅い塊となった咲織の足に鞭を立て続けに当てた。 鞭が高い音を刻む度に紅い破片が飛び散る。 咲織は顔を振り、躯を捩って痛みに耐える。 その姿に、絹を裂く悲鳴に三宅の物は怒張した。 眼を光らせ、鞭を鳴らし続けた。

「こら、口が留守だ。 舐めろ。 俺を気持ち良くさせろ。」
 三宅は竹鞭を下ろすと、まだ痛みにわななく咲織の唇を己の怒張でこじ開けた。 まだ冷めやらぬ痛みに肉を痙攣させながらも、咲織は三宅の物を迎えようと舌を刺し伸ばす。 

「もっと、唇で扱け。 もっと舌で裏筋を舐めなさい。 そうだ。 出来るじゃないか。 気持いいぞ。」
 三宅は乱れた咲織の巻き毛を直す様に頭を撫でた。 咲織の顔から苦しみの色が消え、うっとりと色めく。
「よしよし。 いい子だ。」
 三宅は再び和蝋燭に火を付けた。 竹鞭の前にあらかた消し飛んだ蝋涙の塊よりも紅く咲織の足裏は紅く腫れていた。 その上に新たな蝋涙が垂らされる。

「う゛がぁぁぁぁ。」
 三宅に捧げる様に見せている咲織の裏腿がぴくんぴくんと叫ぶ。 三宅の物を呑み込んだ咲織の唇の端から悲鳴が漏れ零れる。 
「口でも感じるんだろう。 もう、放すなよ。 気持ち良くさせてやっているんだ。 感謝しなさい。」
 三宅は炎が咲織の肌を舐める程和蝋燭を近づける。 透明な熱い蝋涙が足裏を焼き、紅さを増して固まっていく。 

「あ゛がぁ゛ぁぁぁぁ。」
 咲織は痛みを少しでも忘れ様とするかのように、あるいは自分の痛みを三宅に伝え様とするかのように口の中の三宅の物を唇で扱いた。 巻き毛を狂った様に振り立て、顔を右に左に揺らす。 それでも、溢れる悲鳴に細い喉が絶望的に波打つ。
「気持いいか。 もっと感じろ。」
 三宅は片手で咲織のつんとした小さな顎を掴み、ぐいと自分の腰を突き出した。 口に溢れ、喉さえ貫こうとする三宅の怒張に咲織は声も上げられずに咽ぶ。 息苦しさに長い睫毛を濡らして涙が零れ落ちる。

「そうだ。 そうだ。 全身で感じるんだぞ。」
 既に足裏の上で盛り上がった蝋の塊に三宅は炎を近づけた。 紅い蝋の塊が炎に炙られて再び溶け、透き通り咲織の足裏の上を流れ出す。 

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

関連記事

PageTop