FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その2203=性の生贄。

三宅に菊華を使われる感悩の歓びから好きでも無い男にいい様に口を犯されていると言う哀しい現実に無理矢理引き戻された咲織の躯を肉が裂ける痛みが襲った。 

「痛ぁ~~~・・・。」
 叫びかけた咲織の口を飯田の熱棒が塞ぐ。 飯田は咲織の頭を我が物顔に押さえつけ、深々と根元まで押し込んだ。 息苦しさと逆流する胃酸に咽ぶ咲織に構わず、じゅぽじゅぽと音を立て、咲織の頭を前後に激しく動かした。

「いい。 堪らない。 苦しみに、それにボクへの恨みに歪むその美貌。 堪らない。 一樹、確かにこの子は苦悶に悶える姿が一番似合う。」
 そう言って、飯田は咲織の高い鼻が自分の下腹に埋まるまで押し付け、ぐりぐりと己の快感だけを求めて右に左に揺さぶる。 咲織の巻き毛が細い肩で狂おしげに揺れる。

 逝きかけた所に痛みと言う冷水を浴びせられ、感悩の熱い炎に焼かれた咲織の躯は行き場を失って悪夢の中を彷徨った。 思考はとっくに停止し、ただ感覚だけが支配する咲織の躯を耐えきれない疼きが逆巻く。 咲織の可憐な躯が二人の男の間でくねり、悶え、痙攣する。 

「うん、こいつには苦悶の表情が一番だ。 幼顔が歳を越えた妖艶さを纏う。」
 三宅は咲織の丸い尻たぼに力任せの平手打ちを打ち下ろしながら、腰をぱんぱんと叩きつける。
「本当だ。 それにどんなに婬らに乱れても他の女みたいに崩れない。 ぞくっとする色気を見せても下卑たりしないんだ。 全く素晴らしい奴麗を見つけたものだよ、一樹は。」
 飯田は感嘆の声を上げては、咲織の喉深くの粘膜を楽しんでいた。

「あぁぁぁぁぁ。」
 冷や水を浴びせられた感悩のマグマが咲織の中で再び噴火寸前まで高まる。 咲織は華奢な躯からは信じられない力で飯田の腕を振り切り、裸身を逆立てて啼く。 啼かなければ、マグマを吐き出さなければ壊れると躯が悲鳴を上げてでもいる様に。 

「駄目ですよ。 本当に。 声を出さずに、ボクのを咥え続けてくれなきゃ。 それとも、マゾの雌奴隷はどうしても罰が欲しいのかな。」
 今度は飯田はたわわに悶える咲織の乳房を打った。 ぴちんと高い音がした。 咲織は困惑の貌を見せ、背を逆さに折り、巻き毛を振り立てる。

 躯が逝こうとして啼けば、飯田の罰が待っていた。 逝って弾ける事を禁じられた感悩の疼きが咲織の肉を紅蓮の炎で焼く。 咲織は幾度も背を仰け反られして啼いては飯田に打たれ、三宅に熱棒を打ち付けられては疼きに身を焼かれた。 若い娘の肉は感悩の無間地獄で彷徨った。 二人男の肉と眼に最高の歓びを与えながら。

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。