FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その2202=渦。

「いい絵だ。 こいつの笑顔は確かに愛らしい。 こいつの躯は間違いなく男の不正本能をくすぐる。 抱き締めたくなる。 守ってやりたくなる。 がこいつに一番似合うのは苦脳に悶える姿だ。 もっと、狂え。 悶えろ。 楽しませろ、興奮させろ、俺を。」
 三宅が唸る様に言った。 その声が苦しみに悶える咲織の身にも滲みて聞こえた。

『ご主人様。 楽しんでください。 嬉しいです。 嬉しいです。 私の躯を楽しんで貰えて。 私が悶える姿を楽しんでください。 もっと、私の中に来て。 もっと、深く。 ご主人様で満たして。』

 胸が焼ける様だった。 それは現実の苦しみなのか、愛故の思いなのか、判らなくなっていた。 咲織の中で苦しみと歓びが渦巻き、溶け合っていった。 

「あ゛がぁぁぁぁ。 い゛ぐぅ。 あ゛ぁぁぁぁっ。」
 ぱんぱんと張り詰めた音を立て、三宅は長大な物を咲織の中に送り込んだ。 その度に咲織の裸身は捩れ、くねる。 喉を突いて、くぐもった啼き声が漏れた。

「ボクの物がちょうどいい猿轡になっているみたいだな。 大声を立てずに済んでよかったね。」
 飯田は咲織の喉を楽しむ様に、熱棒を深々と押し込む。 巻き毛から覗く咲織の細頸が痙攣を見せていた。

 咲織の苦悶する裸身を眼で犯しながら、二人の男は咲織の若い肉を楽しみ尽くそうとしていた。 ごぶごぶと言う咲織の苦しむ喉が立てる音と、尻たぼに腰を打ちつけるぱんぱんと言う音が重厚な副社長室の壁に反響した。 

 二人の男に挟まれた華奢な裸身から婬美な湯気が立ち昇っていた。 その守られるべき華奢な躯は絶えず捩れ、苦しみの縁でのたうつ。 

「あぁぁぁ。 だめぇぇぇぇ。」
 溜りに溜まったマグマが噴き上げる様に、咲織は顔を仰け反らして啼いた。 苦しみも哀しみさえも糧にして、咲織の躯は感悩に塗れていた。 頭の中で閃光が今にも弾けそうだった。 それが怖くて、躯が啼き声と共に逃げようとした。 その傍らで、使われない秘唇が疼き切っていた。 

「駄目だと言ったでしょ。 ボクのを放しちゃ。 何度言ったら、どれだけ罰を与えたら判るんです。」
 飯田は三宅の眼の前で遠慮会釈なく、咲織の妖艶さを湛えた美貌に平手打ちを放った。 咲織の大きな瞳が痛みよりも驚きに見開かれ、酔いが醒めた様に焦点を合わせる。 それを見計らったように飯田は咲織の胸の蕾を摘まみ上げた。

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。