FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その2177=望まれる躯。

「気持いいのか?」
「はいっ、気持いいです。」
 まるで初めての恋に震える少女の様にはにかんだ小さな声だったが、はっきりと咲織は答えた。 

『はい、気持いいです。 大好きな大好きなご主人様に抱き締められているのだから。 胸を抱かれているのだから。 もう、嘘は吐きません。 もう、世間の常識に縛られて、自分を飾る事はしません。 ご主人様の前では正直に、自分の感覚に、自分の気持ちに正直に。 そして、ご主人様に素直にお応えします。 そうします。 奴麗らしく。 私は私で会って、私の物では無いのだから。 ご主人様の物なんだから。 ご主人様に楽しんで頂けるのが何よりの幸せ。 何よりのご褒美。』

 咲織はちらりと三宅の顔を振り仰いだ。 その眼は慈しむ様に咲織に注がれていた。 咲織は熱い物に満たされた。

「虐められるのが好きなんだろう? こうして、優しく揉まれていても、滅茶苦茶にされたくて疼いているんだろう? マゾ雌だからな、おまえは。」
「はい。 滅茶苦茶にされたいです。 ご主人様がしたい様にされたいたいです。」
 普通なら恥ずかしい奴麗の言葉を零しながら、咲織は躯を熱く濡らした。 自分の言葉が荊の様に胸に刺さり、それが熱いマゾの血を滴らせた

『ううん、違うの。 ご主人様が歓ばれるのが嬉しいんです。 ご主人様の手、優しい。 熔けていく、私。 ずっとずっと、こうされていたい。 包まれて、ご主人様の暖かさを感じて、躯に染み込ませて。』

 三宅の手は咲織のふくよかな胸球を包んでいた。 壊れ物を扱う様に繊細に、そして宝物を味わう様に慎重に三宅の手が咲織の胸球を撫でた。 時折、指の腹で小さくもつんと立った蕾をころころと転がし、指の股で挟んで玩ぶ。 今は稲妻では無く、もっと柔らかな磁力が咲織の躯中に染み込んでくる。 咲織の躯はそれを更に奥へ迎え入れようと願っていた。 

「あ、あんん。 あぁ。」
 咲織はもう啼き声を堪えようとはしなかった。 自分の歓びを愛する三宅に伝えるためにも、自分の耳で確認するためにも、咲織は感じるままに啼いた。 まるで春を迎えた小鳥の様に。

「すっかり奴麗らしくなった。 楽しみだ。 乳首を摘まんで欲しいか。」
「はい、つまん  摘まんでください。 お好きなだけ。」
「捻り上げて欲しいか。 千切れるほど。」
「捻り上げてください。 お望みのままに。 好きにしてください。 私はご主人様の物ですから。」

☆ 今日もお読み頂きありがとうございます。宙ちゃんにご褒美のクリックをお願いします。↓ 


関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。