FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その2153=紅く埋められた秘芽。

「そうか、そんなに熱蝋でお萬子を焼かれるのが嬉しいのか。 どんなに躯が燃えても、口の中の物に歯を立てたりしないでくれよ。」
 飯田は軽口を叩きながら、和蝋燭の火口に溶けた熱蝋が溜まるのを待っていた。 一滴ずつ垂らすのではなく、一気に麗子の秘部に熱蝋を注ぎ込もうと言う魂胆だった。 それが判るのだろう、麗子の躯は緊張していた。 口の中いっぱいに含んだ飯田の硬直への健気な舌の愛撫も忘れていた。

 蝋の温度が高いのか、透き通ったルビーにも似た熱蝋が一本の細い滝となって、同じくルビーの秘芽に注がれた。 男の手首よりも太いヴァイヴに蹂躙され尽くした麗子の秘唇は大きく咲き乱れ、花びらは開き、小指大の秘芽も、その根元を横に貫く金色のバーベルピアスの金色の珠も余す処なく見せていた。 その花びらさえも未だ閉じ切らずに飯田の言葉ほどでは無くても、普通の女性なら奥の空気に触れる事も無い粘膜の鞘まで見せている。 ルビー色の細い滝の流れはルビーの秘芽を一瞬で埋め、花びらの奥に微かに開いた余りにひ弱な虚ろに向かって注ぎ込んだ。 

「ぐぎあ゛。 あごうがあ゛ぁ~~~。」
 麗子の躯が死に際の痙攣を見せた。 逆さに吊られた白い裸身がぴくんぴくんと細く細く縊られた腰を中心にして折れ曲がる。 天向かって伸びるしなやかな脚に筋が浮び、ぴくぴくと蠢く。 足指は裡側に折り曲げられ、必死に何かに耐えていた。 象牙の太腿に一気に汗の細やかな粒が光った。 

 その総身を襲う苦しみを判って欲しいとばかりに、麗子の腕は飯田の腰を掻き抱く。 飯田の肌を気遣ってか、短く切られた控えめな爪が飯田の肉に喰い込んだ。 喉を悲鳴に痙攣させながらも、飯田の硬直を放さなかった。 むしろ、自ら苦痛を躯の中に仕舞い込みたいと根元に高い鼻が埋まるまで呑み込む。 飯田の腹に押し付けられた柔らかな胸球が激しく波打つ。 

「呑んでる、呑んでる。 おまえのお萬子が美味しそうに熱蝋を飲んでる。 一体、どれ程入るんだろう。 本来、お萬子は筒では無く、単なる閉じた細い袋、膨らます前のゴム風船みたいなものだからね、何かを注いでも圧力を掛けなければ、殆ど入らず直ぐに溢れる筈なんだ。 おまえのお萬子に注いでもそうだろう。 ラビアの型が取れるぐらいだ。 でも今日は、余程ヴァイヴが嬉しかったんだろうね。 いっぱい入るよ。 このまま固まったら、いい萬拓が取れそうだよ。」
 飯田は蝋燭の火口に満々と熱蝋の池が満ちるのを待っては、麗子の秘唇に注ぎ込んだ。 
肌では無くひ弱な粘膜、躯の外では無く裡側に熱蝋を注ぎ込まれる熱さと怖れはされた者で無くては判らない。 まして、麗子は最も弱い秘芽を金属のピアスで貫かれている。 熱蝋の苦しみは麗子の奥深くに染み込んでいった。 

☆ 今日もお読み頂きありがとうございます。宙ちゃんにご褒美のクリックをお願いします。↓ 

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。