FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2147=波打つ裸身。

「この好き者が。 おまえは本当に肉便器だな。 ボクのを大きくするまで舐め続けろ。 そうしたら、その喉を犯してやる。」
 飯田は麗子の逆さになった躯をぐいと引き寄せた。 麗子の腕が飯田の腰に回され、愛しげに抱く。 むしろ自ら苦悶を求める様に飯田の黒海鼠の様な物を根元まで飲み込んでいく。 必死に口の中の物に舌を絡めているのが婀娜っぽいうなじにくっきりと立った筋が顕わしていた。

「口を離すんじゃないぞ。 離したら、罰だ。 おまえの大好きな電気鞭を与えてやる。」
 飯田は眼下で婬らに蠢き続けているヴァイヴの太い柄を掴んだ。 両掌に持ったヴァイヴで秘唇と菊華の中を掻き混ぜ、擦り上げる様にゆっくりと円を描かせる。 

「あぁ~~~~~。 ひゅはまぁ~~~~~。 あぐぁ~~~~~。」
 麗子は飯田の物でいっぱいにしたまま、赤い唇の端から涎を垂らして声を漏らした。 苦しげに喉がじょうげしていた。 麗子の嫋やかな裸身が引くつく。 ぷりっと引き上がった丸々とした尻たぼがきゅっきゅっと歓びに絞られる。 縄に折れそうなまでに絞り上げられた腰が切なく捩れた。 

「気持ちいいか。 こんな大きなヴァイヴを、それもケツの穴と満子と二つの穴に咥え込んで、気持ちいいのか。 呆れ果てるな。 これじゃ、もうボクの物ではがばがばだな。 拳どころか、足でも入るんじゃないか。 そうだ。 これからは、二つの穴で感じたい時には、足で犯してやろう。 そして、ボクが使うのは喉だけだ。 ふふっ。 どうだ? それが肉便器に相応しい使われ方だと思わないか。」
 飯田は麗子の頭を掴むと体から引き剥がした。 その熱に浮かされた顔に向かって残酷な宣言を投げつけた。 美貌が哀しげに歪んだ。

「あぁ。 そんなぁ。 でも、でも、主様がそれで楽しいのなら。 あぁ、主様あ。」
 麗子は声を振り絞った。 しなやかな腕に力を籠め、自ら飯田の物を咥えようと裸身を揺らす。 紅い唇の端に飯田の黒海鼠が当たる。 麗子の濡れた切れ長の瞳が光った。 口を大きく開けて、再び飯田の物を飲み込んでいく。      

「そんなにもちんちんが好きか。 婬濫が。」
 飯田は罵りながらも頬を緩め、掌にしたヴァイヴを麗子の肉から引き揚げた。
「あぁぁぁぁぁ。」 
 麗子の喉が哀切な尾を引く。 ずゅるりと音を立てて、ヴァイヴが麗子の紅い粘膜を引き摺りながらその禍々しい躯体を晒す。 ぐっと張り出した亀首からねっとりと蜜糸が引く。 名残惜しげにひくつく麗子の秘唇と菊華にヴァイヴが再び押し込まれた。 

「いい、いいですぅ。」
 麗子の裸身が波打った。 

☆ 今日もお読み頂きありがとうございます。宙ちゃんにご褒美のクリックをお願いします。↓ 



関連記事

PageTop