FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その2124=肉を炙る婬美。

「ふふん、そのマゾの血を今晩は徹底的に滾らせてあげるわ。 次に三宅さんに会った時に最高の歓びを与えられる様に、そしてあなたが得られる様に。 感じなさい。 肉の歓びを。 そしてマゾの血を。」
 遥はスイッチを入れた。 

「あぁぁぁぁぁぁ。 と、とめてぇぇぇんんんん。 あん、あんっ、あぁぁぁぁんん。」
 秘鞘と直腸いっぱいに入れられた数多の丸いローターが一斉に蠢動し始めた。 咲織の小さな鞘は既に限界まで押し広げられ、動かなくてもその粘膜にローターの存在を常に感じて、びりびりとしていた。 そこをローターのシリコンが粘膜を引き摺る様に擦り上げる。 それは余りにも強い刺激だった。 麗子は今も揺れる咲織の秘芯を吸っていた。 婬蜜に塗れた肉厚の花びらを裏側にまで舌を忍ばせて舐め上げていた。 肉の歓びを感じる余裕も無く、縄の与える苦しみさえ越えて、感悩の波動は咲織を狂わせた。 

 咲織の裸身が縄の下で引き付けを起したようにがくがくと痙攣し始めた。 その痙攣は止まる事無く大きくなっていく。 頭上に跳ね上げた幼い膝下が心細げにばたばたと藻掻く。 只でさえ男の掌の中に入ってしまう程に細い咲織の腰が右に左に精一杯にくねり、より頼り無く細くなる。 麻縄をぎしぎしと軋らせて咲織の躯は絶えずのたうった。

 腰から胸から吊られているとは言え、元を辿れば滑車に繋がる一本の麻縄に咲織は吊り上げられていた。 その元の麻縄が咲織のくねりに捩れ、揺れる。 揺れる度に華奢な躯から食み出すたわわな丸い乳房がぷりぷりと波を造る。 その先では洗濯ばさみが毒々しい銀鱗を翻していた。

 咲織の姿に飯田の物は咲織の男の芯を揺さぶる艶啼に一層硬く天を衝いた。 肉慾に憑かれた眼差しで咲織の裸身を舐め回すと、その顔を引き寄せ、己の物を喘ぎ続ける紅い唇に打ち込んだ。 

「吸え。 強く。」
 飯田に命じられ、咲織は優美な頬を凹ませる。 もう、微かな矜持も残っていなかった。 
悩む事無く、咲織は口を凌辱する物に自ら舌を絡めていた。 

「あぁ~~~~~。 いくぅ~~~~~。 ゆ、ゆるして、ゆるして。 あぁ~~~~~。」
 麗子は頭を上げ、哭き上げた。 腰を振り、朱く腫れた尻たぼを激しく揺さぶった。 女らしく脂の載った背中を猫の様に丸めたかと思うと、突然腰が折れるほどに凹ませる。

「あぁぁぁぁぁぁんん。 いゃあぁぁぁぁぁ。」
 麗子の顔と股間で繋げられた咲織の躯が揺れた。 咲織の口が飯田の熱い物から引き剥がされた。 咲織は溜め込んだ肉を炙る婬美な火を吐き出す様に哭いた。

☆今日もお読み頂きありがとうございます。宙ちゃんにご褒美のクリックをお願いします。↓ 

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。