FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その2083=出口のない苦痛。

「最高だ。 美し過ぎる女がその顔の中心から真っ黒な張り型を生やされ、人間ヴァイヴになり下がって、その嫋やかな裸身をくねらせ、女に奉仕している。 顔を動かす度に量感たっぷりのおっぱいを揺らし、無防備な丸い尻を打ってくださいとばかりに突き出す。 最高だ。」
 飯田は咲織の丸々と引き締まった咲織の尻たぼに鞭を振るった。 

「うごっ。 うぐがぁ。 ごぶっ。 うぐっ。 ぐは。 あ゛ぐう。」
 房鞭の黒い影が咲織の白い尻たぼを横切る。 若い尻たぼの一つがぶるんと揺れる。 その揺れが収まらない裡にもう一つの丸い肉が高い打擲音を響かせて歪む。 

 飯田は鞭を休ませること無く、咲織の尻たぼを右、左、そして右と打ち据えた。 黒い影が爆ぜる度に真っ白だった丸い肉は朱を濃くしていく。 

 咲織の細い喉は殺到する苦しみに打ち震える。 出口をディルドゥに塞がれた苦しみが躯の奥に溜まっていく。 何時爆ぜるか判らない苦しみの風船が躯の奥底で膨れ上がる。 

 咲織は無間地獄の中で喘いだ。 喘ぎながら意識は遠のき、頭が白く霞んでいく。 一枚、また一枚と常識が誇りが破り捨てられ、本能が剥き出しになっていった。 

「堪らないっ。」
 飯田は咲織の背後に膝を落とした。 咲織の赤々と潤んだ尻たぼを両掌で握り締める。 荒々しく膝で咲織の脚を割り、体を入れていく。 

 咲織の尻たぼを左右に割った。 ヴァイヴに蹂躙されて朱らんだ菊華が顔を覗かせた。 飯田は既に天を向いた硬直を片手で押さえ、菊華に宛がうと一気に突き入れた。

「ぐあぁぁぁぁぁ。」
 咲織の背がくの字に折れ曲がる。 躯の中ではち切れそうな苦しみがその白い肌を朱く染め上げた。 つんと尖った顎を汚して涎とも胃液とも付かない体液が吹き零れる。

 咲織の苦しみを自ら嘲笑い、咲織の菊華は飯田の太い硬直を易々と呑み込んでいた。
口と菊華、小さな躯の前後を硬直で侵される苦しみが躯の中心に打ち寄せる。 剥き出しになった咲織の本能が沸き立った。

「がはぁぁぁぁ。」
 咲織は逝った。 頭の中で感悩が花火となって白く爆ぜる事は無かった。 逝ってもその後で打ち寄せる解放感は無かった。 感悩の疼きが薄れていく事も無かった。

☆今日もお読み頂きありがとうございます。宙ちゃんにご褒美のクリックをお願いします。↓ 


関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。