FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2062=裂ける。

「うぅぅぅっ。 こ、壊れます。 や、いや、いゃぁ。 やめて、止めてください。 うぐぅぅぅ。」
 躯が裂けていく様な感覚だった。 初めて感じる苦しみだった。 咲織は狼狽した。 

 鋭い痛みでは無い。 苦しさも吊られるよりも耐え難いものでは無かった。 それでも、腿を掴む掌に嫌な汗が湧く。 鈍く重いじわじわとした苦しみと躯が内側から壊される本能的な恐怖に咲織は止めてと叫ばずにはいられなかった。 

「止めて? さっき、咲織さん、あなた自分から好きなだけ弄んで欲しいと言いませんでした? だから、好きな様にお萬子を弄んでいるだけですよ。 そう、咲織の希望を叶えてあげてるだけだ。 感謝の言葉は無いんですか。」
 飯田は咲織の苦悶を冷たく受け流し、なおも膣鏡の捻子を締め上げていく。 膣鏡は捻子を締め上げると咲織の秘唇深く潜り込んだ金属の鳥の嘴が開いていく仕組みだった。 

「ぐぅぅぅぅ。 あぐあぁぁ。 や、止めて、止めてください。 こ、壊れますぅぅぅ。」
 限界を越えて秘唇を内側から押し開かれ続け、咲織は躯を捩って苦吟した。 雪白の柔肌は鞭打たれたせいなのか、苦悶の紅潮なのか判らない程爪先まで朱に染また。

「まだ言いますか、止めてと。 一樹からも聞いているでしょう。 止めてと言う言葉は奴麗が一番言っては言葉だと。 辛ければ辛い程それを歓んで受け入れるのが奴麗の務めの基本だと。 駄目ですね、罰を与えなければ。 一樹のためにも。 一樹が狂喜する程いい奴麗になって貰うために。」

「あ゛ぐううううう。 はがぁぁぁぁぁ。」
 飯田は開き切った膣鏡を無理やり捻った。 限界を越えて伸ばされたか弱い粘膜が膣鏡に絡み付いたまま捩られる。 咲織は膣鏡の動きのままに机の上の裸身を捩り、苦しげな悲鳴を上げた。

「さあ、言ってご覧なさい。 もっと、もっと弄んでくださいと。」
 飯田は膣鏡にもっと捩じるぞとばかりに力を入れてみせた。 咲織は紅い唇を戦慄かせて、苦しい息を漏らす。
「な、なんて。 あぁぁぁ。 お、お願いです、もっともっと弄んでください。」
 咲織はたわわな胸を捩り、血の滲む言葉を絞り出す。

「そうですか、もっとですね。 いい心がけです。 じゃあ、もっと弄んであげましょう。」
「遥ちゃん、悪いけどカメラとヴァイヴを持ってきて。 ヴァイヴは遥ちゃんの好みのでいいから。」
 飯田は楽しげに頬を緩め、咲織の無理やり限界まで開かされた秘唇に魅入っていた。

☆今日もお読み頂きありがとうございます。宙ちゃんにご褒美のクリックをお願いします。↓ 

関連記事

PageTop