FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2057=奥の奥まで。

「何時までも黙って自分のお満子汁舐めてないで、顔を上げてちゃんと言いなさい。 私の言った台詞聞こえてたでしょ。」
 遥は咲織の髪を掴んで強引に上を向かせた。 恨みと哀しみの滲んだ大きな咲織の瞳が遥を見詰める。

「何その顔は? 私が言った通りの変態マゾ女のくせに、また違うとでも言いたいの?」
「いいえ。 その通りです。」
 反論できなかった。 現に今屈辱と羞恥に塗れて舐めさせられている自ら畳の上にまで溢れさせた婬水が何より咲織に『おまえは婬濫な変態マゾだ』と強迫してきていた。 言い返す言葉も持たない自分に咲織はただ長い睫毛を濡らした。

「ふふん。 判っているなら、ちゃんとその通りだと自ら言いなさい。 変態マゾは変態マゾらしく、ちゃんと自分の口で言葉にして、自分にも言い聞かせるのよ。 誤魔化しちゃ駄目。 とりわけ自分にね。 美化なんかさせないわ。 さあ、伯父さんに向かって言うのよ。」
 遥は咲織の腰を横から蹴倒した。 突然の事に咲織は四つん這いのままごろんとひっくり返った。 胸にまで持ち上がった脚を伸ばしていいかも判らず、咲織は惨めな仰向けの姿を曝した。

「いい恰好ね。 おっぱいもお満子も丸見えだわ。 その格好で、伯父さんに自分が鞭打たれて、お満子まで自分で見せてどれ程感じたか、自分がどんな女か、これからどうして欲しいか報告するのよ。 ちゃんと三つ指着いてね。」
「は、はい。」
 遥に横腹を足で小突かれ、咲織は正座の姿勢を取った。 そして、畳に三つ指を着く。
 哀しみが込み上げてくる。 その苦い物をぐっと呑み込んだ。

「咲織は鞭を頂いて、自ら拡げたお萬子を見て頂いて、畳に婬汁の滲みを作る程感じてしまいました。 咲織はそんな婬濫なマゾ奴麗です。 どうか、もっと虐めてください。」

『言ってしまった。 奴麗の台詞。 そう、私は奴麗。 もう普通の女の子じゃない。 婬らなマゾ奴麗。 あぁ、ご主人様が恋しい。 ご主人様に鞭打たれたい。 抱かれたい。』

 何時の間にか普通の女性なら一生口にする事などない、余りに惨めで哀しい台詞が口を突いて出てくる様になっていた。 その事が咲織を一層被虐の奈落へと貶める。 そして、自らを貶めることで躯が婬らに濡れていく事がさらに咲織を哀しめる。

「ようやくマゾ奴麗の自覚が出てきたようですね。 そうですか、自分でお萬子を開いて感じるんですね。 じゃあ、もっと良く見てあげますよ。 奥の奥まで。」

☆今日もお読み頂きありがとうございます。宙ちゃんにご褒美のクリックをお願いします。↓ 

関連記事

PageTop