FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その2056=曝した裸身。

「判った様ね。 それが何か。 その水溜りの正体はなぁに? 言って。」
 遥の言葉が咲織を凍らせる。 咲織は俯き、息をするのも忘れた。

「何って聞いてるの? 言いなさい。 どんなに恥ずかしい事も肉の歓びに変えられる便利な変態マゾでしょ。」
 咲織は光の下に裸身を曝したまま立ち尽くしていた。 言葉を出そうとした喉が焼ける様に痛かった。

「それはなぁに? 何なの?」
 遥の声が強まる。 その声に押されて何か言わなければと思っても、咲織の唇は戦慄くだけで、言葉を紡ぎはしなかった。 
「いいわ、言わないなら。 綺麗に水よ、そう言う事にしてあげる。 だから、その口で綺麗にしなさい。 奴麗の口は便器、舌は雑巾でしょ。 ウチの肉便器なら歓んで飲むわ。」
 咲織は遥の言葉に救われた様にその場にしゃがみ込み、畳の上の水溜りに唇を付けた。 
自ら零した愛液を啜った。 その音が婬ら極まりない音としてしんとした部屋に響く。 心臓がざわざわと痛んだ。 哀しい味が喉を降りて行く。 胸が焦げた。 そして、子宮の奥がきゅうと疼いた。

『私の婬水。 鞭で打たれながらこんなに漏らしたの? 私は。 本当にマゾなんですね。 ご主人様が見つけてくださった私の本性。 こんな物を、飲めと言われて飲んでいる。 裸で、四つん這いになって、家畜の様に。 お前の口は便器だと言われて、お前の舌は雑巾だと馬鹿にされて。 反論一つ出来ないで。 言われるままに自分を貶めて。 それで、また感じている。 止め処なく。 何処まで堕ちていくの。 こんな、こんな女でいいのですか、ご主人様。』

 咲織は必死になって自らの婬水を啜った。 味などしなかった。 ただ惨めさが胃の中に溜まっていく。 その惨めさが溢れ、肉がマゾに染まっていく。 闇い闇い悦びが咲織の肉に滲みていく。 

 咲織は綺麗なハート型を描く丸く締まった朱い尻たぼを持ち上げて、顔を畳み擦り付ける様にして自らの婬水を啜り続けていた。 その自らの猥らさの痕跡を消そうとする様に、必死で啜り続けた。 鞭痕を浮かべた小さな背で肩甲骨が天使の翅跡さながらに喘いでいた。 

「美味しいみたいね。 自分の婬水が。 さすがにマゾ奴麗だわ。 まさか鞭をあれだけ浴びて痛がるどころか、逆に感じて逝きまくるなんて。 可愛い顔は男を引き寄せるための看板に過ぎないのね。 その裏は婬濫極まりない変態マゾ女。 ちゃんと言ったらどう? 私は鞭打たれがら、何度も逝きました。 そして、愛液をこんなに滴らせてしまいました、変態マゾ奴麗です、どうか、もっと虐めてください、って。」
 遥は立ち上がった。 そして咲織の髪の毛を掴んだ。

☆今日もお読み頂きありがとうございます。宙ちゃんにご褒美のクリックをお願いします。↓ 

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。