FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2038=桃色の蕾。

「あうん。」
 びりびりと想像を遥に越えた刺激が胸の蕾から発せられた。 蜘蛛の巣の様に拡がる稲妻の様に咲織の躯の中を縦横無尽に撃っていく。 撃たれた細胞の一つ一つが震え、小さな稲妻を励起する。 そして、全ての刺激が躯の中心、秘唇の奥へと集まって、耐え難い疼きを揺り動かす。 残ったのは気持いいという感覚を越えた怖い様な足りなさ、虚ろだった。 

『あぁ、ご主人様。 ご主人様の腕の中が恋しい。 恋しい。 あの腕の中の静かな平穏。 満ち足りた幸せ。 なのに。』

「飢えてるの? 婬らな刺激に。 凄い反応。 伯父さん、見て。 この蕩けそうな顔。 可愛い顔が今は婬らに飢えた雌猫そのもの。 ほら、ちょっと摘まんだだけで。」
 遥は摘まんだ咲織の小さな桃色の蕾を指腹で捻る様に転がした。 
「あふぅんんん。」
 遥の掌の中で声を出さまいと、凌辱者達の魔の掌に落ちまいと堪えても堪えても、びりびりと肉を貫く婬らな感悩に声が零れるのを抑えられなかった。 悔しさに歯噛みした。 

 咲織の躯は要所を締め付ける縄に酔い、胸球と秘肉とを低周波で肉の奥まで婬らな疼きを揺り起こされて、縄瘤に秘唇と菊華の敏感な粘膜を擦り上げられ続けた咲織の躯は、咲織の想いを裏切って、婬靡な感器そのものと化していた。 

 胸の先端を弄られる小さな刺激が今は何百倍にも感じられた。 婬らな感覚が躯を圧し、包み込む。 咲織は縄の中の、飯田の腕に抱かれた躯を悶えさせる。 

「面白いっ。 雌豚より遥かに敏感ね。 いい様に啼き、面白い様に躯をくねらせる。」
 遥は両手で咲織の胸の蕾を弄んだ。 軽く摘ままれるだけで咲織の細腰はくねくねと踊り、掌に転がされれば縛められた躯を仰け反らせ、拗ねて甘える様な啼き声を漏らした。

「同じ女性でも魅せられちゃうだろ。 この子の反応には。 可愛く、そして底知れず婬美だ。 囚われたら、まるで蟻地獄の様に何処までも逃れられなくなるかも知れないよ。 一樹みたいに。 あ~、怖い怖い。」
 飯田は軽くおどけ、遥と共に咲織の胸球を揉み始めた。 咲織は縛めの中で精一杯に躯を捩って飯田達を歓ばせた。

「ねぇ、勝手に一人でよがってないで、さっさと話してくれないかしら。 何処をどうして欲しいの? 聞いて上げるわ。 大事なお客様だから。」
 遥は畳に膝を着き、咲織の桃色の蕾を口に含んだ。

☆今日もお読み頂きありがとうございます。宙ちゃんにご褒美のクリックをお願いします。↓ 

関連記事

PageTop