FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1997=もぞもぞと。

「ひゃぁぁぁぁぁ。」
 麗子の角の丸い女の悲鳴が咲織の耳に響く。 飯田が力を籠めて麻縄を引っ張る度に、麗子の脚が上がっていく。 頭上で手首を縛られた麗子の長い指が縋る様に畳の上を引き摺られていく。 

「はぁぁ、あぁぁぁ。」
 麗子の紅い唇を濡らして、熱く妖しい喘ぎが漏れる。 苦しげで哀しげで、それでいて何処か媚びを帯びて聞こえた。

『なんて声。 麗子さんの声に躯が反応してしまう。 きっと辛いのに、きっと怖いのに、期待しているような声。 婬らな刺激を躯が求めて? 私もご主人様に責められる時にあんなに甘い声を。 もっと、もっと責めてと。 あぁ・・・。』

 咲織は一人赤面した。 今や麗子は長時間いたぶる積りなんだろう頭だけは畳の上に残して、高々と逆さに吊り上げられている。 咲織が瞳を開くとそこには長々と開いた脚の中心で、ゴム紐で左右に千切れる程に裂かれた秘唇が低周波を受けて赤い粘膜をこれ見よがしにひくひくとそよがせている光景が飛び込んでくる。 

 悲惨だとは思えなかった。 もう助けたいとも。 見ているだけで躯が熱く火照って来るのを止める事は出来なかった。 子宮がもぞもぞと騒ぐ。

「ねえ、咲織さんもその態勢は辛いでしょ。 もっとこの雌豚のよがりっぷりを愉しませてあげない?」
「うん、確かにその高い片脚吊りでは苦しくて麗子の姿を楽しむゆとりは生まれないかもしれないな。 下ろして上げよう。」
 飯田は咲織の右膝を肩まで吊り上げていた麻縄を緩めていった。 躯の柔らかな咲織でも引き攣っていた腿の筋がゆとりを取り戻す。 流れ出した血が子宮にぎゅんと注ぎ込む。 咲織の口から喘ぎが漏れた。

 飯田は咲織の背から伸びた麻縄も緩め、遥に目くばせする。 心得顔で遥は咲織のハイヒールの上の細い足首に縄を掛けた。 反対側の足首に取り付いた飯田と示し合わせて左右に大きく開いていく。

「あぁぁぁぁぁ。 うぅん。」
 バランスを失った咲織の上体ががくんと前に倒れ掛る。 頭上の鴨居から伸びた麻縄がそれを留め、胸の上下に掛けられた縄が薄い肉に喰い込み、華奢な骨を軋ませた。 辛そうに眉根を顰め、喘ぐ咲織を余所に二人は咲織の足首から伸びた麻縄を左右の柱にしっかりと結び付けてしまった。

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 


関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。