FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その1986=開かれた秘唇。

「あ、あ、あ、ぅ、ぅ、ぅ、ぅぅぅ。」
 飯田は麗子の反応を愉しみながら、焦らす様にゆっくりと鎖を解いていった。 解きながら、面白がって秘芽から伸びた鎖をしゃらしゃらと弄ぶ。 飯田の手で感器に開発された菊華をバイブレーターで逝く寸前まで散々に犯されたばかりの麗子の躯はその度に痛みと共に感悩にのたうった。 
 
「感じるか。 普通の女なら痛みに泣くのにな。」
「あぁぁぁぁぁ。 あぐぁぁぁぁぁぁ。」
 飯田は秘芽の根を貫くピアスがひ弱な肉を抉る程に強く鎖を引っ張った。 麗子は台座の上に据え置かれた躯を突っ張り、喉を鳴らした。 

「とろとろを越えてどろどろだ。 うぅぅ。 臭い。 雌豚の萬子は臭い。 こんな臭い萬子を使ってくれる男はいないだろうな。 それでは可哀想だから、電気で逝かせてやる。 優しいご主人様だろう。」
 飯田は鎖の縛めを解かれ、ふわりと開きかけた麗子の口紅を引かれた秘唇を割り、指を深く突き刺した。 その指先を濡れそぼった花鞘の中でぐにゃりと曲げた。 それだけで麗子の躯はひくひくとのたうつ。 

「あぐぅぅぅぅぅ。 あ゛が、あ゛が。」 
 飯田は指先を曲げたまま麗子の花鞘を抉る様に掻き回す。 飯田の眼の前で麗子のつんと乳首を引っ張られた乳房はぷるぷると震え、たおやかな腰をくねらせた。  
「やめないでぇぇぇぇぇ。」
 飯田が指を離すと、麗子は魂切るように啼いた。 精一杯に不自由な顔を持ち上げ、涙を溜めた瞳で飯田に懇願した。

「ふっ。 強欲な。 それじゃあ、いままで味わったことの無い物を試してやるとするか。」
 飯田は指に付いた婬蜜を麗子の脇腹で拭い取り、秘唇の根元に穿たれたピアスの一つ一つにゴム紐が付いた小さな鉤状のフックを掛けていった。 そのゴム紐のを極限まで折り曲げた脚の間を通して、また反対側の秘唇を貫くピアスに取り付けていく。 

「うぐぅぅぅぅぅ。」
 麗子は優美な眉根を寄せて呻いた。 口枷を嵌められた顔を右に左に振って、痛みに耐える。 左右からその根元をゴム紐に引き裂かれ、麗子の秘唇は無惨にも花びらの粘膜を赤々と見せて極限まで拡げられていた。 

「まあ、何時見ても婬らな花びら。 血の様に紅くて、物欲しそうにびらびらとしてて。 いやだ、根っこの方からぶくぶくと泡を吹いて婬蜜を滴らせてる。 恥ずかしくないのね。 こんなに何もかも他人に見られて。 露出狂にも程があるわ。」
 遥の言葉責めが聞いてるだけの咲織の胸まで穿った。 下着も着けず片脚を極限まで持ち上げられている咲織は縛められた躯を恥ずかしげに捩るしかなかった。

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

関連記事

PageTop