FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その1957=家畜以下。

 咲織はテーブルの上で飯田に向かって、三つ指を付いた。 小さな肩が心を表すように子栗鼠の様に震えている。

「今日一日、私、橋本咲織は飯田様の奴麗でございます。 どんなご命令にも絶対服従いたします。 どの様な責め苦も喜んでこの身にお受けいたします。 どうか、ご満足されるまでこの奴麗を如何様にもお使いください。」
 言葉が胸を焼き、首輪に縛められた喉を傷つけながら出ていった。 代わりに哀しみが、怖れが、躯の中を落ちていく。 落ちた先の子宮を締め付ける。 締め付けられた子宮は捩れ、苦い感悩を滴らせた。  

『でも、でも咲織はご主人様の奴麗。 ご主人様のご命令だから、今宵、咲織はこの人の言いなりになる。 どうして? どうして、こんなにも哀しいのに、こんなにも辛いのに、躯が熱いの? 疼いているの?』

「僕のどんな命令にも絶対服従してくれるんですね。 如何様にも使っていいんですね。 満子を見せろと言えば喜んで見せるし、舐めろと命令すれば何でも舐める訳だ。 尻でもおっぱいでも好きなだけ鞭打っていいし、逆さに吊るして放置してもいいと。」
 咲織がようやく吐き出した哀しい言葉を飯田は態と念押しして反してくる。 改めて、飯田から聞かされたその言葉の意味に改めて咲織は怯えた。

「はい。」
 やっとの思いで頷くと、咲織は力なく項垂れた。 

「じゃあ、この婬濫奴麗を満足するまで使い倒すために、僕の家に行こうか。」
 飯田は咲織の巻き毛を荒っぽく掴み、その顔を上向かせた。 飯田を見上げた咲織の瞳は怯え、そして何処か潤んでいた。 

 飯田は咲織の顔を覗き込み、大型犬用の太い鎖を咲織の首輪にかちゃりと取り付けた。 

「ほら、行くぞ。」
 飯田は咲織の首に繋がった鎖の先を握り締めるとぐいと引っ張った。  咲織の細首にごつい首輪が喰い込む。 痛みに押されて咲織は転げ落ちるようにテーブルを降りた。

「幾ら清楚そうな顔をしていても、奴麗が染み付いてる。 何も言わないのに四つん這いの姿勢を取ってるんだからな。」
 飯田は態とらしい侮蔑の笑みを咲織に放った。 咲織の顔に哀しみと後悔が浮かぶの見届けると、これ見よがしに咲織の脱いだ物を纏めてソファの上に放り出した。 
「あぁ。」
 咲織は哀れな啼き声を上げた。

「家畜以下の奴麗にスーツなど要らない。」

☆↓今日もありがとうございます。ポチっと1クリックよろしくお願いします。 

関連記事

PageTop