FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その1912=愛おしく。

「逝くぞぉ。」
 珍しく三宅が雄叫びを上げた。 力のままに咲織の腰を引き付ける。 
「あぁぁぁぁぁっ。」
 咲織は三宅の脈動を感じた。 次いで、熱い物が粘膜を打って注がれた。 既に意識は遠くなっていても、三宅が自分の中に注いでくれたことが嬉しかった。

 白い肌に朱が拡がっていった。 鞭痕が、洗濯ばさみが噛んだ痕が朱の滲んだ肌の中で一層紅く燃え光る。 三宅は荒い呼吸を整えながら、眼下で妖しくくねるその柔肌に魅せられていた。

 掌の中の腰はぴとっと掌に吸い付き、放そうとしない。 粘膜の筒は徐々に縮もうとする三宅の物を愛おしげに締め付け続けていた。 小さな背中で肩甲骨が喘いでいた。 

 咲織の菊華を深く貫いたまま、三宅の物は再び硬く熱くなっていった。 いつになく胸が焦がれる思いが体のどこからか、湧き出してくる。 咲織を見下ろす眼は優しく暖かった。

「清めなさい。」
 三宅は白濁に汚れた己れの物を咲織の瞳の前に突き付けた。 その声に我を取り戻した咲織の長い睫毛がふわりと開く。 まだ、荒い呼吸にたわわな胸が揺れていた。 ちりんちりんと鈴が鳴っていた。

「はい。 咲織の口で清めさせてください。」
 咲織は濡れた紅い唇を開いた。 羞恥にか歓びにか優美な頬を朱に染めて。
「うん、いいだろう。 清めさせてやる。」
 ぐいと突き出された三宅の物に咲織の舌が絡み付く。 おずおずと遠慮がちだった舌動きは徐々に大胆さを増していった。 

 三宅の物を啜っては、何度も飲み下した。 躯の中に神でも迎える様に恍惚の表情を浮かべて。 息を奪われ、胃液が逆流する苦しみを自ら求める様に三宅の物を深く呑み込む。 躯を震わせ、嗚咽を漏らすその顔は輝いてさえいた。

「あぁぁん。」
 突然口から硬直を引き抜かれ、咲織の大きな瞳が恨みがましそうに三宅を睨め付ける。 

「ふっ。 何処までも貪欲なマゾ奴麗だ。 まだ物足りないのだな。」
「・・・。」 
 咲織は長い睫毛を恥ずかしげに戦がせた。

☆↓今日もありがとうございます。ポチっと1クリックよろしくお願いします。 

関連記事

PageTop