FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1907=息すら奪われて。

 三宅は咲織の両の乳房を何の遠慮も見せずにむんずと掴んだ。 そのまま鎖に吊り下げられて振子となった咲織の躯を引き寄せる。
 
「あはぅん。」
 咲織は小さく悲鳴を上げながらも、精一杯にその可憐な唇を開く。 その裸身がぶるっと震えた。 三宅の硬直に触れた唇から全身に三宅の熱が伝わっていく。 三宅の眼下に見える咲織の貌は恍惚の表情を浮かべて輝いていた。

「うごっ。 ぐはぁぁぁぁっ。 あ゛がぁぁぁぁ。」
 三宅は片掌で咲織の乳房を握り、片掌で咲織の頭を抱え込むと、咲織の唇が己の物の根元に達するまで強い力で引き付けた。 只でさえ口の中を圧する三宅の硬直が、喉さえ超えて咲織の中に突き刺さる。 

  逆流する胃液に咽び、息苦しさにきゃしゃな裸身が空気を求めて足掻いた。 反り返らされている細い喉が苦悶に忙しなく蠢動していた。 三宅の掌の中の乳房が咲織の苦悶を三宅の掌に直接伝わってくる。 

 咲織の中の三宅の屹立が一層硬く漲る。 三宅はさらに力を込めて咲織の鼻が己の下腹を打つまで押し込んだ。  

息苦しさと喉の痛みに咲織の伏せた長い睫毛を濡らして涙が後から後から零れ出る。 唇の端からごふごふと白い泡を吹き零す。 

『あぁ、ご主人様。 苦しいです。 苦しいけど、嬉しいです。 ご主人様のが熱い。 火傷しそうです。 躯が燃えます。 あぁ、味わいたいのに、この幸せな時間を。 なのに、躯が燃えて、燃えて。 もう何も考えられない。 あぁ、ご主人様。』

「ぐはぁぁぁ。 はぐぅぅ。 ごほぁぁっ。 ごふふふ。」
 幾度も鎖の下で咲織の裸身は跳ねる様に痙攣した。 悲鳴に近い咽び声を上げ続けた。

 三宅は咲織の苦悶など全く意に介さず、咲織がまるで命の無い性処理用の人形とでも思っているかの様に、己の快楽だけを求めて扱った。 否、熱い血が通う痛みも苦しみも人一倍感じる可憐な女性だと熟知しているからこそ、より乱暴に咲織の頭を前後に揺り動かした。 三宅の物はますます熱く漲っていた。

「嬉しいか。 俺の物をえずくまで銜えられて。 俺の物で息も出来無くされて、嬉しいか。」
 三宅は根元まで咲織の顔を自らに押し付けた。

☆↓今日もありがとうございます。ポチっと1クリックよろしくお願いします。 

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。