FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1902=天を衝く物。

 三宅は眼下のこの上なく愛らしい玩具の反応に夢中になっていた。 啼き、震え、痙攣し、骨も折れよと身をくねらす美しい玩具の動きに魅せられていた。 

 もっと啼かせたい、もっとその身をくねらせたい、乳首から秘唇から下がる鈴を鳴らさせたい、とバイブで花びらを秘芽を刺激した。 その反応を直に味わい、肉の弾力を楽しもうとたわわな乳房を揉み拉いた。

「いや、いや、いゃぁぁぁ。 や、や、やめて、くくださいぃぃぃ。」     
 激し過ぎる刺激に、敏感過ぎる自らの神経に咲織は恐怖さえ覚え、身を拉き叫んでいた。 グロテスクなフックに鼻が捥がれる痛みも構わず、巻き毛を振り立てた。 乳首に秘唇にぶら下げられた鈴達を跳ね飛ばさんばかりに揺らす。 

 塗り籠められた催婬剤のせいか、執拗に責められた随喜の縄のせいか、粘膜と言う粘膜がぱっくりと開いた傷口よりも敏感になっていた。

 そして、普段なら達する頂きは高く高くに昇り、感じても感じても逝き果てない。 それどころか、疾うに心は粉々に砕かれていも、もっともっとと躯が求めて止まない。 

 感じても感じても、逝けずに、咲織は無間地獄の灼熱の闇を彷徨っていた。 叫ばずには居られなかった。

 叱られると、嫌われると、呆れ果てられ捨てられると微かに残った意識が警告を発しても、叫ばずには居られなかった。 求めずには居られなかった。 ただただ苦しかった。 

 革の拘束具の黒に縛められた白い肌は沸騰する血に朱に染まっていた。 その汗を纏って艶めく柔肌のそこかしこに付けられた鞭痕が、洗濯ばさみの噛み痕がひと際紅く輝く。 

 三宅は紅潮した顔にふと怖れの色を浮かべた。 バイブを間違って愛しい物を刺し貫いた凶器でもあるかの様に、咲織の秘唇から引き剥がした。

「あぁぁぁぁ。 もっと、もっと。 責めて、責めてください。 や、やめないでください。 咲織を壊して。 もっと、もっと。」
 バイブの刺激を失ってもなお啼き続けていた咲織の紅い唇が花開き、切なげに戦慄く。 その正体が怖れるべき魔物と判っていても、その先にあるのは更なる地獄と知っていても、自らその死を望まざるを得ない人身御供の哀しさを秘めて。

「もっと? ついに自ら愉悦を求めて懇願するまでに堕ちたか。 本当におまえは身も心もマゾの奴麗になり果てた様だな。」
 三宅は咲織の正面に跪き、その両掌に啼き濡れた頬を包んだ。 

「欲しいか。」
 三宅はすっと立ち上がった。 咲織の瞳の前に三宅の硬直が天を衝いていた。

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 


 
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。