FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その1897=か細い啼き声。

「剥き出しになったクリットが寂しそうだぞ。 ここにも針を打ってやろうか。 鈴をぶら下げて飾ってやろうか。」
 その言葉通りに剥き出しになった一際紅い秘芯を三宅の指がぴんと弾く。 白い裸身が鎖の下で釣り上げられた若鮎の様に跳ねる。

「うわぁぁぁぁぁ。」
 部屋に咲織のか細く鋭い啼き声が籠る。 
「ひゃぁぁぁぁ。 ぃひぃぃぃぃぃん。」
 三宅の指が秘芯を弾く度に咲織の啼き声は昂まった。 

 三宅の指が止まった。 湿った空気が咲織の柔肌を蝕む。 上がった息に咲織のたわわな乳房が踊る。 感悩の余韻が津波となって肉を侵す。 咲織はしゃくりあげた。 

「秘芯に針を打って欲しいか。」
 三宅の声が咲織の感悩に溺れた脳を揺さぶった。
「はい。 咲織は秘芯に針を打って欲しいです。 秘芯にも鈴を付けて欲しいです。」
 女の一番敏感で弱い器官に針を打たれるという恐れに震えながらも、奴麗として、マゾとして、考える前に咲織は三宅の言葉を復唱していた。 

『怖い。 本当に怖い。 針なんて。 あんな所を針で貫かれるなんて。 気を失ってしまう。 壊れてしまう。 でも、でも。 あぁ、咲織は本当にご主人様の責めを望んでいる。 待っている。 この躯を壊され、神経をずたずたに引き裂かれることを。 全てを失って、ご主人様の物に成り果てる時を。 どうぞ、この身を好きなだけ責め苛んでください。 どれだけでも恥辱をお与えください。 何処までも貶めてください。 咲織はご主人様の奴麗です。 ご主人様の物です。 人でなしです。 変態マゾの雌豚です。』

 与えられるであろう絶望的な痛みに怯えながらも、咲織は自らを自らの心で貶めた。 貶める程に不思議なくらいに躯は火照り、一層疼く。 逝ってしまったのではないかと思うくらいに感悩の波が躯を満たしては打ち返し、そしてまた波が昂まった。

 三宅はその姿を見ていた。 その眼で咲織の心の動きまでをしっかりと見抜いていた。 
ゆったりと紫煙を吐き出した。

「いいだろう。 可愛い奴麗の願いだ、秘芯を針で貫き、鈴をぶら下げてやろう。」
「舌を出せ。」

☆↓1日1回。1クリック願いします。

関連記事

PageTop