FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その1896=肉を震わせて。

 咲織は三宅の姿を求めた。 幾ら心が三宅を求めても、咲織には自分の小首一つ巡らす自由も与えられてはいなかった。 ただ、鎖の下で不自由な裸身を捩り、胸からぶら下げられた鈴を鳴らした。 

「あぁぁぁぁぁ。」
 不安と苦痛、そして地の底から湧き出でる様な感悩の疼きに身を苛まされ、咲織は朱の差した頬を涙に濡らすしかない。

 その姿を眼に焼き付けようとする様に、三宅は咲織の周りをゆっくりと廻った。 既に体の中心は引き締まった腹を叩かんばかり漲り切っている。 熱を冷まし、襲い掛かりたい衝動を抑える様に煙草に火を付けた。 

「望み通り、お前のお満子をこれ以上は無いほど剥き出しにしてやったぞ。 お礼の言葉は無いのか。」
 前後のカメラを邪魔しないように咲織の傍らに立ちながら、指で縊れ切った咲織の腰から胸へとなぞっていく。 その指を折って、白い咲織の柔肌がひくひくとさざ波を打ち、裸身が鎖の下で婬らに凌辱を誘う様にくねり、悶える。 

「ふふ。 欲しいか。 もっと痛みが。 もっと辱めが。 もっと感じたいか。 もっと啼きたいか。 底なしの強欲っふりだな。」

「はぁぁぁぁんん。 あん、あん、あぅぁぁぁぁんんんん。」
 三宅の掌が咲織の乳暈から乳首から垂れた幾つもの鈴を薙いでいく。 鈴の音が凧糸を伝わり、肉に穿たれた針を通じて咲織の肉を直に震わせる。

『あぁ、ご主人様が私に触れてる。 私をかまって下って。 嬉しい。 今はそれが何より嬉しい。』

 肉に感じるが痛みさえ、三宅に与えられたと思うと咲織の中で肉の喜びに代わっていった。 時間と共に痛みも苦しみも痺れる肉に埋もれ、今は全ての神経が婬らに疼く。 電流の様に肉を走る感悩が、満たされぬ秘部の疼きが、今は何よりも咲織を責め苛む。

『もっと、かまってください。 もっと、苦しめてください。 もっと、辱めてください。』

 それがマゾの心映えだとも知らず、身から溢れる程の婬らな疼きの前に咲織は三宅の責めを渇望していた。

☆↓1日1回。1クリック願いします。

関連記事

PageTop