FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その1890=鎖の下で。

「どうした、咲織。 俺にただお前を見ているだけで、ずっと待っていろと言うのか。 あんあんと嬉しそうな声を出してるだけで、ちっともお願いがないが。」
 三宅の指が、ここだぞ、ここを開いて欲しいと言うんだとばかりに、咲織のひっそりと閉じられた秘唇をなぞる。 咲織の自ら滲ませた婬蜜に滑らかに這う三宅の指の刺激が咲織の感悩を呼び起こす。 咲織のしなやかな脚が三宅の掌を掴もうとでもする様にきゆっきゅっと痙攣を見せる。 白い肌は吊り下げられた苦痛と躯の内側から生み出される感悩に桜色に染まり、匂い立つ。

「ご、ご主人様。 ど、どうか、咲織の、さおりの秘唇を開いて、花びらを剥き出しにしてください。」
 熱い羞恥に喉を焼かれながら、咲織は細く声を吐き出した。 喉を焼いた羞恥が躯の中に一層大きくなって帰ってくる。 その炎に身を焼かれる苦しみに咲織の黒い革の拘束具に要所を締められた白い裸身が悶えた。 

「あぁぁぁ。」
 哀しい喘ぎを漏らしながら、咲織は身を焼く羞恥が肉を一層爛れさせているのを知った。 じゅんじゅんと子宮の奥から、婬らなエキスが肉に満ち満ちていくのを否定できない。 悶える乳房のから垂れた鈴達がりんりんと鳴った。 その音が、乳首に針を穿たれてもなお感じている事を知らしめている様で、咲織の羞恥を一層煽る。

「ふふん。 すぐに感じる女だ。 こんなに責められていてもなお、貪欲に求めてくる。 もう、おまえのお萬子はとろとろだ。 仕方がないな。 おまえの願いだ。 秘唇を思いっきり開いて、涎を垂らした花びらを剥き出しにしてやろう。」
 三宅は小馬鹿にする様にさっと咲織の秘唇の合わせ目を指で弾く。 それだけでひくひくする丸い尻を横目で見ながら、乳房から垂れている鈴達を揺らした。 

 ちりんちりんと言う軽やかな鈴の音と共にまるで電流の様な細やかで鋭い刺激が乳首と乳暈を貫く針を通して肉に直接伝わってくる。 痛みと恐怖が肉に拡がっていく。 

「あぁぁ。 や、やめてください。 はふんぁぁ、ひ、ひゃぁうん。」
 巻き毛を揺らしながら、咲織は恨めしそうな瞳を三宅に向けた。 三宅は楽しそうに口元を綻ばせていた。 その表情が咲織の胸を熱く濡らす。 躯が一層火照った。 

『あぁ。 咲織は奴麗。 ご主人様に囚われた奴麗。 ご主人様に歓んで欲しい。 悦ばせたい。 そのためなら、どんな事も。 あぁ、そう思っただけで、熱くなる。 頭が白くなっていく。 躯がむずむずと蠢いてしまう。』

☆↓1日1回。1クリック願いします。

関連記事

PageTop