FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1888=駿河問い

 細いながらも肉の詰まった太腿が描くV字の底で、鞭痕も痛々しく若い尻肉が見事な球形を描いている。

 その白く深い谷間からは黒いバイブが天に向かって生え、禍々しくくねり続けていた。 その下で薄らと色付きながらも未だ幼女の様な愛らしさを失わない秘唇のあわいがねっとりと光を纏わらせている。

「お望み通り、自由を奪ってやったぞ。 感謝しろ。」
 三宅は咲織の乳首から垂れている鈴をぴんと指で弾いた。 
「あぁぁぁっ。 あぅんん。 ありがとうございます。 うぅぅんん。」
 何処か媚びが潜んだ呻き声の下から、咲織は辛うじて答える。

「何が有難いんだ?」
 三宅の指が咲織の乳房からぶら下がった鈴を彷徨う度に、咲織の華奢な肉はさざ波を打ち、その細い喉から甘やかな悲鳴が漏れた。

「ご主人様がお与えくださる責めを逃げずに受け止められることが・・・。」
 咲織は切れ切れに哀しい奴隷の口上を振り絞った。  

『これで、本当に逃げられない。 ご主人様が何をされようと。 この身を更に壊されようと、どんな使い方をされようと。 お与え頂く痛みを、苦しみを、全て味わい尽くします。 どうか、咲織が苦痛にのたうつ姿を、何処までも堕ちる姿をお楽しみください。 あぁぁぁ、怖いのに、躯が熱くなってくる。 あそこが疼いてる。 もっと責められたいと躯が求めてる。 本当に、咲織はマゾの奴麗。』

 体重の掛かった肩を責めてくる鈍く重い苦しみ、乳首を貫く鋭い痛み、それより何より心もとなく宙に吊り上げられ、全てを晒し、全てを捧げていると言う底なしの羞恥と怖れが咲織を絶えず襲っていた。

 その圧倒的な感覚の奔流の底を婬らに熱い血潮が肉の隅々にまで浸みていくのを咲織は感じていた。 それが何よりも咲織を羞恥に苛み、その容姿を一層艶めかす。 

 鈴から離れた三宅の指が高々と吊り上げられた咲織の足首から下へと咲織の柔肌の上を滑っていく。 細いながらもむっちりと肉の詰まった腿を過ぎ、三宅の指が淡く朱を滲ませた秘唇をなぞった。

「くぅぅぅ。 くっ、くっ、あっ、あぁぁんんん。」
 咲織の華奢な躯が小刻みに跳ねる。 乳房から下がった鈴達がちりんちりんと鳴いた。 

「まるでおぼこの様なふりをしてぴったりと閉じてるじゃないか。  だが、その閉じた口からは堪えようも無く婬蜜が滲み出している。 痛いとか、止めてとか言いながら、ずっと感じていたんだろう。 婬濫マゾ奴麗らしく、その充血した花びらを剥き出しにしてやろう。」

☆↓1日1回。1クリック願いします。

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。