FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1883=染み込んでくる。

「着けてください、その鈴を。」
 咲織は膝立ちになり、胸を突き出した。 一斉にちりんちりんと鳴る鈴が肉を骨身を揺する。 その痛みが怖れを引き出し、躯を震えわせた。

「いい覚悟だ。」
 三宅の指が咲織の乳首に伸びる。 その熱が咲織の肉に浸み込んでくる。 それだけで咲織は感じた。 三宅の体温が肉を通って子宮に流れ込むようだった。 秘唇の奥がいたたまれない程に疼く。 紅い唇からほっと喘ぎが漏れた。

「あぁぁぁぁぁっ。 いたいぃぃぃぃ。 あぅぁぁぁぁ。 あっ、あぁ、ぁぅんん。」
 予想よりも遥かに鈴は重かった。 乳首が根元からもげそうな痛みと恐怖に躯が強張る。

 堪えようとする暇も無く悲鳴が零れていた。 倒れ込みそうになる躯を震わせ、ひしと自分の足首を掴んで咲織は耐えた。

「どうだ。 綺麗だろう。 嬉しいか。」
 三宅の問い掛けに頷くべきだと思っても、躯を圧する痛みに小首一つ動かせなかった。 

『嬉しいです。 ご主人様が咲織にされる事なら何でも。 でも、でも、辛すぎてもう壊れそうです。 怖い。 本当に、壊れてしまうのが。 まだもう一つ、付けなければいけない。 ご主人様がわざわざ用意してくれた飾りなんだから。 ご主人様に喜んで頂かなきゃいけないんだから。 あぁ、もう、駄目かも。』

 咲織は細い首に筋を浮かべ、痛みと恐怖と戦った。 三宅の願いを聞けないのではないかと思うと、それが悲しかった。   

「もう一つ残っている。 顔を上げて、胸を突き出せ。」
 三宅は今にも崩れそうな咲織の肩を掴んで起こした。 紅い唇を込み上げる悲鳴と嗚咽に震わせ続ける咲織を無視して左の乳首に刺さった針に鈴の糸を巻き付けていく。 

「うぎゃぁぁぁぁ。 いたぁぁぁい、いたいですぅぅ。 あぁぁぁ。 ゆ、許してくださいぃぃぃ。 も、もぅ耐えられない。 いゃぁぁぁ。」
 三宅が鈴を離した瞬間、乳首が引き千切られる痛みと恐怖が咲織を圧した。 床に両手を着き、雌豹の様に背中を反らせて、悲鳴を上げた。 空気を裂く悲鳴の下から鈴が咲織の苦しみを嘲笑って涼やかな音を響かせる。 

『泣いちゃ駄目。 駄目なの、咲織は奴麗なんだから、この痛みも苦しみも耐えなきゃ。 喜んで受け入れなきゃ。 あぁ、出来ない。 痛い。 痛い。 怖い。』

「いやぁぁぁ。 痛いぃぃぃ。 外して。 外してぇぇぇ。 もういゃぁぁぁ。」

☆↓1日1回。1クリック願いします。

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。