FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1882=重い鈴。

 軽やかに鈴の音が鳴る度に微細な電気が肉を震わせた。 深々と秘唇に押し入った三宅の足指が疼きを駆り立てる。 咲織は獣となって瞳の前の慾望に貪り付こうとしていた。 

「あぁぁぁぁぁん。 いっ、いっ、いい。 いっくぅぅぅ。」
 咲織の背が弓を描く。 丸い尻がうねうねと三宅の足の上で踊った。 ちりんちりんと鈴の音が咲織の歓喜を知らる様に鳴った。

「まだだ。」
 突然、電気鞭が胸に押し当てられた。 その冷たさだけで咲織の命は、一瞬全てを止めた。
「許可なく逝くなと言った筈だ。」
 三宅は冷酷に電気鞭のスイッチを入れた。 

「ぎゃぁぁぁぁ。」
 咲織の朱を帯びた柔肌から汗が跳ねた。 巻き毛を後ろに跳ね上げ、咲織は慟哭した。 躯は今も感電し続け、細やかに波打つ。 

 その躯の震えのままに乳房から垂れた数多の鈴が揺れる。 余りに悲惨で余りに婬美な咲織を嘲笑う様に鈴はいとも涼やかに鳴った。

 その音色が咲織をさらに哀しみと婬蕩な苦しみの沼へと引き摺り込む。 電気鞭の衝撃が去った後も咲織は四つん這いになったその身を引き付けを起こした様にくねらせ続けた。

「逝くな。 俺が飽きるまで、感悩地獄の底でのたうち回って楽しませなさい。 いいね。」
「はい。 ご主人様が飽きられるまで咲織は地獄でのたうち回ります。」
 息絶え絶えに咲織は応えた。 まっすぐに三宅に向けた瞳は婬蕩に、そして被虐の慾情に濡れ光っていた。 
 
「よし、苦痛と恥辱にのたうち回れ、俺を楽しませるためだけに。 乳首にこの取って置きの鈴をつけてやろう。 持ってみろ。」
「あぁぁぁ。」
 三宅は咲織の掌に鈴を落とした。 それは覚悟していたよりも遥かに重く、咲織は小さな掌から取り落としそうになった。

 それが自分に与えるだろう苦痛に躯が戦き、子宮がきゅんと縮む。 それでいてその鈴を見る三宅の子供の様にきらきらとした瞳にひと時咲織の胸は華やいだ。

『そんな眼をされたら、咲織はどんな事でも受け入れてしまいます。 ううん、自ら進んで苦痛に恥辱にこの身を晒し、のたうち回らせたくなってしまいます。 どうぞ、この身が壊れるまで咲織で楽しんでください。』

☆↓1日1回。1クリック願いします。

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。