FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1857=突き上げる肉慾。

『うそ。 うそ。 いや。 いや。 こんなの。 あぁん、たまんない。 ディルドゥが無くなって、もう感じたりしないと思ったのに。 逆。 あそこが痒い。 刺激が欲しい。 掻き毟りたい。 本当に気が変になりそう。』

 何かが狂い出していた。 二本のディルドゥが与えてくる否応の無い刺激が無くなった今、躯に満ちていた疼きは鎮まり、静かな世界が拡がるものと思っていた。 気が変になりそうな感悩地獄から漸く抜け出せると、そのために忍んだ羞恥の筈だった。 それが、ディルドゥを引き抜いた今、咲織の躯は新たな刺激を求めて暴走し始めていた。 声を出さねば胸が潰れるかと思う程に肉慾が突き上げた。 

 咲織は叱られると思いながらも我慢しきれず、開いていた膝を閉じていった。 知らず知らずのうちに内腿を擦り合わせ、三宅の眼の前に高々と持ち上げていた尻たぼを右に左に振り立てていた。 咲織独特の蜂蜜の様な甘い濃厚な女の薫りがしっとりと濡れた尻たぼの谷間から立ち昇っていく。 

「あぁぁっ、駄目。 どうして? ご主人様、助けて。」
 咲織は背後の三宅を振り仰いだ。 三宅を見つめる大きな瞳は捨て猫の様に潤んでいた。

「何を助けて欲しいんだ? それより、何時までやらしく濡れた股倉を俺の眼の前に突き付けたら気が済むんだ?」

「あっ、あぁぁぁんん。」
 ぴしゃりと尻たぼを叩かれ、咲織は艶やかに啼いた。 咲織の躯はどんな刺激にも婬美に応える感器に変わってしまったようだった。 打ち据えられた白い肌にたちまちの裡に紅々と三宅の手形が浮び上がる。 それ程の打擲さえ今の咲織には歓びだった。 鋭い痛みは痛みとして辛く感じても、そのすぐ後からじんと歓びが肉に滲み通っていく。 そして、驚くべきことに歓びが消え切らない裡から、咲織の躯は次の打擲を待ち望んでいた。 それも、じっとしては居られない程に強い慾求だった。

「もっと、もっとぉ。」
 慾求が胸にもやもやと拡がり、息苦しい程だった。 釣り上げられた魚が水を求める様に咲織は新たな刺激を求めて声を上げていた。

『どうしよう。 狂ってしまった。 恥ずかしくて堪らないのに、堪えられない。 ご主人様に呆れ果てられてしまう。 なのに、もう止められない。 ううん、恥ずかしい真似を平気でしてしまいそう。 ううん、したい。 ものすごく恥ずかしい事をご主人様の前でしたい。 そして、打ちのめされたい、全てを忘れるまで。 壊れて、透明になるまで。 この狂った躯を。』

 三宅はしてやったりと締まった唇の端を微かに歪めた。 寿司を一貫掌に取り、眼の前でそよぐ咲織の秘唇に塗り付けた。

☆↓1日1回。1クリック願いします。

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。