FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1836=口を口で塞がれて。

『本当ですか、本当なんですか。 咲織の事を愛していると。 嬉しい、嬉し過ぎます。 例え、奴麗としてと言う限定の下でも、ご主人様が愛していると仰ってくれたなんて。 最高の言葉。 だって、咲織は奴麗だなんだから。 最初からご主人様の奴麗なんだから。』

 咲織は足で踏まれる息苦しさが嬉しかった。 その無遠慮さが嬉しかった。 胸が暖かいもので満ち溢れ、溺れそうだった。 踏まれながら咲織は歓びに打ち震えた。 

「俺もおまえと同じ変態だ。 愛する者を、いや、愛していればこそ、苦痛を与え、恥褥に塗れさせ、悶える姿を見て昂ぶる。 そう言う男だ。 だからこそ、俺はおまえの前で自由でいられる。 自然でいられる。 何も構えずに。 何せ、おまえは俺の所有物で、しかも鞭で打たれても、こうして足で顔を踏み付けても歓ぶ変態なんだからな。 互いに互いの前だけでは素でいられる訳だ。 啼け、啼きまくれ。 羞恥に痛みに身を捩り、感じろ。 啼きまくれ。」
 三宅はぱんぱんに張った乳房を踏み付けた。 まんまるな乳球は拉げ、三宅の足裏からむにゅとはみ出す。 細い咲織の肋骨が軋みを上げる。 その痛みにさえ、咲織は胸の奥を濡らした。 

「どうして、おまえにこの拘束衣を作ってやったか判るか。」
 三宅は咲織の傍らに腰を下ろし、革帯に縛められ菱型にふっくり盛り上がった咲織の肉を撫でた。
「判りません。 自由を奪い、苦痛を与えるためではないんですか。」
「無論、自由を奪うためだ。 では、どうして自由を奪うのか判るか。」
 咲織は返事をする代わりに円らな瞳を傾けた。

「おまえを解放してやるためだ。 露出狂のおまえでも羞恥心があるのは知っている。 普通の女性とは違い、羞恥に躯が感じてしまうだけで、羞恥心は却って強いくらいだろう。 自由を奪ってやる事で、おまえは恥かしい姿を好きなだけ晒せる。 そして、好きなだけ感じられる。 手脚が自由であれば、感じ過ぎれば、怖くなって逃げ出してしまう。 鞭に曝されれば、躯はどうしても逃げようとする。 心はもっと痛みを欲しがっているのに。 もっと虐げられたいと願っているのに。 本当はその先に行きたいのに、その前に躯が引けてしまう。 だから、自由を奪ってやるんだ。 何処までも感じ、羽ばたけるようにな。 縛めはマゾ奴麗にとって翼だ。 心を羽ばたかせる翼だ。 それにおまえには縛めがどんなドレスより似合っている。 美しく見せる。 見る者の心を捉えて止まないと言う意味で、縛められたおまえは美しい。 俺をうっとりと愉しませろ。 そろそろ薬が効いてきただろう。 どれ程疼いても逝かせる積りは無い。 啼きたいだけ啼け。 婬濫地獄でのたうち回れ。」 
 三宅は瓶に入った何かを呷ると、その口で咲織の唇を塞いだ。

☆↓1日1回。1クリック願いします。

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。