FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1816=絞り上げられた豊乳。

「あぅぅぅっ。」
 胸だけで吊り下げられた時よりもまん丸に飛び出すほど、根元の革帯が引き絞られた。 下を向かなくても、風船の様に膨れ上がった自分の乳房が咲織の視界に映っていた。

 元々薄い肌はまるでしゃぼん玉の膜の様に引き延ばされ、透明に光を載せている。 その頂きの蕾は血を滴らせそうに紅く熟していた。

『ご主人様が私で遊んでる。 あんなに楽しそうに。 ご主人様、もっと、もっと私で遊んでください。 それが奴麗の一番の望みです。』

 締め上げられた乳房に引きつられて、躯中の柔肌がぴりぴりと痛んだ。 肉を掴み取られる様な痛みが躯の芯まで響く。 それでも、咲織は三宅が作業し易い様にと、精一杯に細い脚を踏ん張り、胸を反らした。  

「絞れるのはおっぱいだけじゃない。 背中のバックルを締め上げれば簡単に息をするのも苦しい程に緊縛責めができる。 おまえも縄酔いを楽しめるぞ。」
 三宅は片腕の中に咲織の華奢な躯を入れて支えると、ぐいぐいと数本の革帯を締め上げていった。 三宅が言う通り、息をする度に革帯が肉を咬み、ぎりぎりと苦しみを与えてくる。 

「うぐぅぅ。 あぁぁぁ。」
 躯中を締め付けられる苦しみに呻きが漏れた。 その後で息を継ごうと膨らんだ胸を革帯が肉を切る様に喰い込んでくる。 苦しみに倒れ込もうとする躯を三宅の腕が支えた。 

「どうだ、苦しいか。」
「はい、息をするのも苦しいです。 啼き声を上げるのも憚られる程に。」
 咲織は細い喘ぎを漏らしながらも、愛らしい頬笑みを三宅に返した。 

「そんなに歓ばれると贈った俺まで嬉しくなる。 新しい衣装を身に付けた姿を見たいだろう。」
 正面のスクリーンに等身大の咲織の姿が映し出された。 咲織の頭越しに見える三宅が笑っていた。 その笑みにつられて、肉の苦しみも忘れ、咲織は心を躍らせていた。

「女らしい曲線を余すところなく強調する縄や黒い革帯は、どんなドレスより女を引き立てる。 きつく締められたその縄や革帯が作る網目から柔らかな女の肉がぷっくりと盛り上っている様は何とも魅力的なものだ。 まして、おまえの華奢でいて柔らかな躯、うっすらと桜色に彩んだ白い肌は何とも黒い革に映える。 この姿を見て、武者震いしない男はいないだろう。 玄関に飾ってやろうか。 それとも、もっと多くの人に見て貰い、愉しんで貰える様にするべきかな。」
 三宅の言葉にぞわぞわとした不安を掻き立てられながらも、三宅の何時に無く朗らかな声に咲織は何も言えずにいた。  

☆↓1日1回。1クリック願いします。


関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。