FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1783=責めるための女。

「うぅぅぅ。 ぅん、うぅぅ。」
 三宅が僅かに離れた間も、咲織は膝を開ききったしどけない姿のまま、返しては寄せるくる感悩の波に躯を打ち上げられていた。 

「あぁ、ご主人様。」
 戻って来た三宅が傍らに膝を着くと、咲織は懐かしそうに腕を伸ばす。
「可愛がるために戻ったんじゃない。 責めるためだ。」
 咲織の伸ばした掌を三宅は振り払わなかった。 小さな掌はセーターの上から三宅の胸をまさぐる。 うっとりと大きな瞳が三宅の頸筋を嘗めた。

「あぅっ。」
 熱くしこった乳首に宛てられた小さなローターの冷たい感触に咲織はぶるりと躯を震わせた。 新たな怖ろしさがぞわぞわと躯を這い昇ってくる。
「両手両足を拡げたまま、じっとしていなさい。」
 三宅は両の乳首と秘唇のあわいに隠れた秘芽の上に三つ、ローターを載せると手際よく細いテープで留めた。 

「躯が柔らかいのが取り柄だったな。 肘が膝に当るまで、自分の膝を抱きなさい。」
 咲織は全てを晒す羞ずかしさに胸を締め付けられながらも三宅の言葉に従った。 まるで自ら秘唇と菊華を突き出す様な姿が瞳に映る。 そのあられも無い姿が咲織の子宮を鳴かせた。 じわじわと羞恥が肉を炙った。 

「もっとだ。 足首を掌で掴んで、頭の上まで持ってくるんだ。 そう、爪先が床に着くまでだ。」
 咲織は三宅のいいなりにがっちりと足枷の嵌められた足首を掴んだ。 その金具の無機質な冷たさが咲織の胸を凍らせる。 ヨガのポーズ様に丸くなった背がごろりと揺れて、咲織は秘唇も菊華も見下ろす三宅に向けて突き上げる格好になった。 開き切った内腿を、そして秘唇の裏側までも生温かな空気が弄る。 

「何もかも剥き出しだな。 女性にとって、これ以上恥ずかしい姿勢はない。 秘唇は恥ずかしげも無く開き切って、とろとろと蜜を滴らせている桃色の花びらまでも見せ付けている。 ほら、自分でも見えるだろう。」
 三宅の言葉に咲織は思わず自分の突き上げた秘部を瞳にした。 小さく悲鳴を上げると、咲織は朱らめた顔を伏せる。 その瞳に婬ら過ぎる自分の姿が焼き付いて消えない。

「おまえを清楚な女だと信じたがっていたあの青年もこの姿を見たら呆れかえるんじゃないか。 どんな顔をするのか、見てみたいとは思わないか。 何があっても足首を掴んだその掌を離すんじゃないぞ。 その位置をキープしていなさい。」
 三宅の言葉が羞恥以上に怖れとなって咲織の胸を炙る。 肉を爛れさす感悩の炎さえ忘れ、咲織の小さな心臓は小動物の様に震えた。


関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。