FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1782=濡れて糸を引く。

「あぁぁぁぁぁぁんん。 あぅんんん。 あぁぁぁぁぁっ。」
 三宅の操る随喜の張型は小さな感悩の丘をすぐに探り当てた。 随喜はそのぬるりとした網目に粘膜の襞を絡め取り、やわやわと揉み立てる。 咲織の啼き声が蜜に濡れて糸を引く。 ふっくらと丸い乳房を突き上げて、背を反らせた。 

「逝くんじゃない。」
 三宅の叱りつける様な勢いに咲織の昂まった感悩がふっと固まる。 咲織は朱らめた頬を床に隠した。 それでも、すぐに躯は刺激を求めてくねくねと軟体動物の様に蠢きだす。 三宅が張型を動かさなくても、花鞘が張型を嘗め取る様に咲織の腰はしなやかにくねる。

「あぁぁぁぁん。 だめ、だめです。 もう、もう許して。 止めてくださいぃぃぃ。」
 頤を反らし、咲織は悲痛に啼いた。 柔肌は汗を載せて艶々と輝き、躯の熱に薫香の靄を立ち昇らせている。 紅い唇は意志ある生き物の様に宙に苦吟していた。

「まだだ。 耐えろ。 苦しめ。」
 三宅は掌を休めなかった。 くちゅくちゅと濡れた音を立てて、二本の張型が咲織の桃色の花びらにゆっくりと吸い込まれては吐き出される。 その度に濃密な蜜がじゅぶじゅぶと溢れた。

「いやぁぁぁぁぁぁっ。 い、逝きそう。 止めてぇぇぇぇ。」
 ところどころ紅の剥げた爪先が床を掴もうと足掻いていた。 黒々と足枷の嵌められた足首は細く伸び切る。 細っそりとそして柔らかな曲線を描く脹脛がわなわなと痙攣していた。 咲織は折れるかと思う程に胸を突き上げて、啼いた。   

 躯を瘧が襲い、感悩が喉を突き上げ、背骨を揺るがして火花が走り、脳天で白く炸裂しようとした時だった。 三宅はすっと二本の張型を引き抜いた。 

「あぁぁぁ。 止めないで。 あぁぁんん。」
 咲織は啼き、張型を追う様に丸い尻たぼで床をにじった。 張型を失った花びらは桃色も鮮やかに恨めしそうに揺らめき、婬蜜が鏡の床に蝸牛の軌跡を描く。
「止めてと言ってた舌も乾かない裡に、今度は止めないでか。 何処まで強欲で自分勝手な奴麗だ。 たっぷりと感じさせてやると言っただろう。 婬ら地獄でのたうち回れ。」
 縋りつく咲織の掌をぴしゃりと打ち払って、三宅はすっと立ち上がった。 その冷たい笑みに咲織の腕は宙に伸ばしたまま凍りつく。 

「おまえの躯は俺の物だな。」
 三宅の言葉に咲織は頷く。

「じゃあ、勝手に触れてはいけない筈だな。」
 咲織は喘いでいた唇を噛み、こくりと小首を動かした。

「絶対に触れるんじゃないぞ。」
 三宅は言い捨てて、部屋の端のチェストに向かった。

☆↓1日1回。1クリック願いします。


関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。