FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その1781=官能のうねり。

「耐えろ、逝くな。 命令だぞ。」
 三宅は吠えた。 その声に押された様に咲織の中の感悩が一瞬引いていく。 しかし、三宅が随喜を動かすと、すぐにまた前よりも大きな畝りとなって襲ってくる。 

「あぁぁん。 あんっ、あん、あぁぁぁん。 ぁん。」
 咲織は三宅の意のままに啼く生き人形だった。 花びらを随喜で撫でられては腰を振り、ベールに包まれた秘芽を軽く突かれては啼き、菊華に出し入れされては躯を波打たせた。

『逝くな、とご主人様は仰った。 逝かずに耐えるしかないのに、感じてしまう。 感じまいと力を抜いても、触れられる度に掻き混ぜられる度に、電流に打たれた躯が強張る。 止められない。 止められません、ご主人様。 苦しいです。 とても、とても。 逝かずに耐えるなんて。 もう、もう、無理。 どうしたら・・・。 どうか、どうか、逝かせてください。 ご主人様に身を任せて、思いのままに感じられたなら、どんなにか幸せなのに。』

 感悩の階段を駆け昇ろうとする躯を前に咲織は懊悩した。 感じまいとする程に、鞭打たれた咲織の躯は敏感になっていく。 秘部にそよぐ三宅の暖かな吐息にさえ電流が起こり、肉の奥まで震わせる。 そして、掻き毟れば掻き毟る程に痒みが増す様に、躯は疼きに疼き、もっともっとと刺激を求めて走り出していた。 

「打って、打ってください。 打ちのめしてぇぇぇぇ。」
 咲織は叫んでいた。 本来なら歓びの筈の刺激が、耐えろと言われた瞬間、鞭の痛みよりも遥かに辛い責め苦となる事を知った。 疼きを鎮めてくれる鞭の許しを心から願った。

「駄目だ。 許す積りは無い。 逝くな、ただ耐えろ。 これが勝手に抱き付いた奴麗への罰だ。 絶対に逝くな。 苦しめ。」
 三宅はゆっくりとそして一定のリズムで二つの随喜の張型を動かした。 一つには花びらの上でやわやわと小さな円を描かせ、もう一つは菊華を擽る様に前後に動かす。 その単調なリズムが咲織の躯に安らぎを与え、高い高い頂きへと誘う。 

 秘壷の奥から枯れる事無く、婬蜜は湧き出て裡腿をそして菊華を濡らしている事は咲織にも判った。 その羞ずかしさに身悶えしても、今の咲織はその焦がすような羞恥すら感悩に換えてしまう。

 三宅の掌を止めようと伸ばし掛けた腕が震えながら止まった。 余りの刺激に閉じようとした脚がわななく。 苦しみの極みに意識を飛ばし掛けながらも、咲織の躯は動くなと言う三宅の命令に従い、自ら見えない麻縄で縛めていた。 

 三宅は唇の端に満足げな微笑を湛えた。 

「いい奴麗になって来た。 そうだ。 耐えろ。 逝くなよ。」
 三宅は花びらに遊ばせていた随喜を微かに開いたあわいにゆっくり、ゆっくりと入れていった。 待っていたかのように、花鞘は収縮し、随喜を奥へと運んでいく。

☆↓1日1回。1クリック願いします。

関連記事

PageTop