FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1776=透ける花びら。

 自らの収縮によって、随喜の網目が敏感な粘膜を絡め取り、やわやわと刺激してくる。 徐々に奥から迫り出しながら、張型は女の急所を捉えていた。 抗い様の無い、鮮やかな感悩が子宮を鷲掴みにする。 堪らず、咲織の躯から力が抜けていく。 顔を覗かせた随喜が桃色の粘膜を巻き取りながら再び姿を没していく。 

 喘ぎの下から、咲織は恐る恐る三宅を盗み見た。 三宅の口が開く事は無かった。 怖い顔のまま咲織の秘唇に視線を注いでいる。 射られた様に秘唇が熱く疼いた。    

『耐えなきゃ。 羞恥にも、それに疼きにも。 耐えて、ちゃんと出さなきゃ。 せっかく、ご主人様が与えてくださったチャンスなんだから。 ご主人様に良く出来たと言って貰える様に。 ご主人様が離したくないと思って頂ける様に。 でも、感じてしまう。 どうしよう。 少し力を入れただけで、逆に力が抜けてしまう。 頭がぼーっとして何も考えられなくなる。 あぁ、逝きたい。 声が漏れてしまいそう。 いっそ、自分で掻き毟れたら。』

 咲織は深い息を一つした。 瞳を瞑り、腹筋に尻たぼに今一度力を籠める。 羞ずかしさに飲み込んだ声が躯をさらに婬らにした。 

 花鞘の中を随喜の張型が粘膜を刺激しながら移動する。 びりびりと感悩の電気が躯を走る。 力を籠めれば籠める程、感悩は昂まり我慢が出来なくなる。 掌が秘部に向かおうとするのを必死で堪えなければならなかった。 細い二の腕が小刻みに耐えていた。 寄せ来る感悩の波に細い腰が苦しげに捩れる。

「あぁぁぁ。 見ないで。」
 再び白い顔を見せた随喜の張型に押し出された婬蜜がねっとりと尻たぼまで濡らした。 そのさもしい感覚に羞恥が針となって咲織の胸に刺さる。 咲織は細い喉を突き上げる様に顔を仰け反らせ、呻く様に声を上げていた。 せり上がった乳房がたわたわと揺れ、桃色も色濃くしこった乳首が震える。

「見てやる。 出せ。」
 三宅の力の籠った声に、咲織は一瞬我を忘れた。 括約筋に渾身の力を籠める。 随喜の白が大きく桃色の花びらを拡げていく。 粘膜の花びらは今にも裂けそうに薄く張り詰め、光さえ透けて見えた。

 その神秘さえ感じる光景が三宅の呼吸さえ奪った。 しんとした部屋に咲織の濡れた荒い吐息だけが婬美に返ってくる。 咲織は伸ばした両掌を血が滲む程に握り締めた。 何時しか膝を立て、丸く細い踵は迫り上がる。 桜貝の爪先ががくがくと床を掴む。

 秘唇と菊華が張り裂ける痛みに悲鳴を上げていた。 その痛みが三宅の物に突かれている幻想と重なる。 躯を飲み込む様な感悩の津波が大きく立ち上がるのを咲織は感じた。

☆↓1日1回。1クリック願いします。

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。