FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1775=羞恥を堪えて。

 三宅の声がしんと咲織の胸に降りて来た。 咲織は生贄さながらに静かに横たえた肢体を震わせる。 縋る様な瞳を三宅に向けた。

「判っているな。 縄で自由を奪われた事を口実にさせはしない。 縛られてはいなくとも、手脚は大の字に開いたまま、秘唇と菊華に埋めた張型を今日こそは見事に生み落としてみなさい。 奴麗なら、自ら躯の隅々まではしたなくご主人様に晒して、最も羞ずかしい行為を見せるんだ。 羞恥心はあるだろう。 それをご主人様の命令一つで押し殺すのが奴麗だ。 それを証明して見せろ。」
 三宅はここから産み落とすのだぞと言う様に、咲織が無防備に見せている秘唇と菊華をんとんと爪先でつついた。 その刺激に忘れようとした疼きが婬らな貌をまた咲織に見せつけてくる。 咲織の縊れた腰が妖しくくねった。 出ようとする喘ぎを飲み下した喉がひりつく。

「いいか、勝手に逝くなよ。 許可なく逝かせはしない。 これからは、逝く時には俺の許可を得なさい。 判ったな。」
 三宅の言葉に咲織は大きく頷いた。 
「産め。」
 三宅は咲織の開いた脚の間に腰を下ろした。 その視線に触れて、咲織の鞭の名残に朱を浮かべた秘唇が慄く。 びりびりと緊張した躯を感悩の電気が弄っていく。 咲織は一つ、あえかな啼き声を漏らした。

「うぅぅっ。」
 愛らしい眉根を寄せ、咲織は息んだ。 普段からきゅっと持ち上がった丸い尻たぼに笑窪を浮かぶ。 拡げた裡腿がぴりぴりとさざ波を立てた。 

 三宅は何も言ってはくれなかった。 重い静寂が咲織に圧し掛かる。 

『何か仰ってください。 例え、蔑みの言葉でも。 何も言われないのが一番辛いです。 あぁ、羞ずかしい。 一番、一番この世で愛されたい人に、一番良く思われたい人に、この上無く人でなしの姿をお見せしなくてはならないなんて。 お願い。 早く、早く出て。 そして、この場から私を逃がして。』

 咲織は必死に息んだ。 上向きでも殆ど丸みを失わない胸がきゅぅと狭まる。 その下の鳩尾がひくひくと波打つ。 ゆっくりと秘唇が開き、桃色に濡れた花びらが顕わになっていく。

 その花びらが艶めく裏側を見せて捲くれ上がった。 色素の沈着無い薄桃色の花弁が行儀よく揃った菊華がひくひくと息をしている。 秘唇からもその下の菊華からも白い随喜が花びらを散らせて、顔を覗かせた。

「あぁぁぁぁっ。」
 咲織の小さな桜貝を揃えた爪先が内側にぎゅっと折れ曲がった。

☆↓1日1回。1クリック願いします。

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。