FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1770=業火に炙られて。

「びちーーーん。」
「ばしーーーん。」

「ぱぁーーーん。」
 構える暇も与えられなかった。 三宅の逞しい腕はその動きさえ捉えられない速さで鞭を振るっていた。 房鞭は咲織を塗り籠めた紅い蝋を、そして剥き出しの白い柔肌を咬んだそま時だけその黒い姿を一瞬見せて、咲織を打ちのめした。 

「あぅ。 はぁ。 くわっ。 がっ。 ひっ。」
 息継ぎの間も無く襲う鞭の前に、咲織は切れ切れに悲鳴を噴いた。 胸を、脇腹を、裡腿を、尻たぼを、そして秘唇を、鞭は手当たり次第に咬み裂いていく。 

 何処を打たれているのか判らなかった。 幾つ打たれているのかも判らなかった。 何時まで打たれるのかさえ判らなかった。 躯中に鞭は突き刺さり、柔肌を粘膜を切り裂き、肉を砕いては、また舞い戻る。 躯中が痛んだ。 躯中が火に炙られていた。 

 縛められ逃げ場を奪われた躯は鞭の思うが儘に餌食となるしかなかった。 女性にとっての大切な器官の全てを獰猛な鞭の牙の生贄として晒し、思うが儘に貪られるしかなかった。 

 全ての痛みは肌を裂き、肉を貫いて躯の中心に寄せ集まり、そして凝縮しつくすと、ある時突然膨張し始めた。 痛みの嵐の只中で、咲織はめくるめく感覚の爆発を感じていた。 

 生きていた。 それは生々しい生そのものだった。 咲織は打ち寄せる痛みの津波に翻弄されながら、命を確かめていた。 咲織は確かに生きていた。 

「ぴちーーーん。」 
 水に濡れたタオルを叩きつけた様な湿ったそして硬質な音を立てて、房鞭が剥き出しの秘唇を咬んだ。 鋭い痛みが躯の中心を抉っていく。 それに耐えられるとは思えない華奢な躯はびくんと跳ね、そのまま痛々しい程に反り返って固まった。 

「い。 い。 いくぅぅぅぅぅ。」
 咲織の喉は高く高く悲鳴を煌めかせた。 裡腿がぴくんぴくんと脈打つ。 血を流した様に紅く濡れた秘唇から透明な息吹が噴き上り、鏡の床でぴちゃぴちゃと撥ねた。

 幾度も幾度も咲織は痙攣を繰り返した。 若い肉が縄の下でのたうつ様に収縮する。 やがて胸の荒々しい隆起が収まり、咲織は生れ立ての雛の様に瞳を開いた。 その耳を未だに秘唇から弧を描いて噴き出る潮の音が打つ。 

「いやぁぁぁぁぁぁ。」
 耳を塞ぐ事も許されない咲織は、自らの失禁の音に啼くしかなかった。

☆↓1日1回。1クリック願いします。

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。