FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1769=哀しい願い。

「は。 は。 はぁ。」
 咲織は過呼吸気味に胸を幾度も膨らませ、紅い唇を喘がせていた。 
「ばちーーーん。」
 咲織が息を吐き切った時を狙った様に、鞭が再び秘唇に炸裂した。 打たれたと言うより、何十本もの切れない刃物で切り刻まれた様な痛みが咲織を襲った。 反射的に縛められた躯が骨が軋む程に反り返る。

「びちーーーん。」
 まるで打ってくださいとばかりに差し出された秘唇を目掛け、三発目の鞭が叩き込まれた。 
「ぁわ。」
 叫ぼうとした唇は吐きだす息も無く虚しく彷徨った。 衝撃に可憐な躯ががくがくと幾度も震えた。 大きく開かれた滑らかな裡腿は朱い鞭痕を見せて、ぶるぶると痙攣している。 その中心に咲いた桃色の花びらは血の色を載せて紅潮し、たらたらと蜜を溢れさせていた。 縄に誇張された柔肌がしっとりと潤み、熱を発して妖しく揺らめく。

 三宅は足元で震えている咲織の躯の隅々まで鞭の痛みが行き渡るのを静かに待っていた。 

「ひゅっ。」
 三宅は鞭を宙に鳴らした。 その音だけで痛みを知った躯は怯える。 咲織の躯がきゅっと小さくなる。 鞭が当てられなかった事に、裸身がほっと息を吐く。 そのくせ、咲織の肉は何処か期待が裏切られた様な一抹の寂しさを感じてもいた。

「ひゅん。」
 再び、三宅は鞭を鳴らした。 怯えて縄に隠れる様に固まった咲織の裸身をしなやかな縄の革帯が無数の指となって、触れていく。 触れられた柔肌はその鞭が与えた痛みも忘れてなびき、ふるふると疼きに震えた。 

 おもちゃを玩ぶ様に、あるいは愛しい者を優しく慈しむ様に革帯は咲織の柔肌を撫でていった。 弱弱しい肩からこれ見よがしに盛り上がった胸、白く艶めく脇腹から折れそうな腰へ。 突き出された尻たぼの丸さを愛で、そしてすらりと伸びた太腿を撫で廻す。

 蝋の下から顔を出した花びらをからかう様に幾度もそろりそろりとそのやわやわとした感触を愉しむ。 熱を帯びた花びらは離さまいとする様に、革帯の一本一本に蜜を絡めてそよいだ。

 痛みに痺れた躯を感悩のさざ波が優しく癒していく。 ふるふると柔肌の肌理の一つ一つが蘇ってくる。 全ての刺激は子宮に向かい、揺り動かす。 子宮が生んだ切ない疼きの波紋は肉を渡り柔肌が騒めく。

「もっと。 もっと。 もっと、打って。 打ってください。」
 甘く哀しい願いを咲織は絞り出す。 その声に三宅は満足そうに頷いた。

☆↓1日1回。1クリック願いします。

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。