FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その1757=踏み付けられて、燃えて。

「ぁはぁ、はぅぅぅぅんんん。」
 それは痛みでは無かった。 足で女の大事な器官を踏まれる事を屈褥とは思いもしなかった。 鞭で打たれ敏感になった秘唇が痛みにも似た激しい感悩を伝えてくる。 三宅の足に押されて、秘唇に一層麻縄の瘤が喰い込む。

 同時にその奥に呑み込まされていた随喜の張り型がその存在を厭が追うにも主張してくる。 敏感な器官の内外から責め立てられ、咲織は艶やかに啼き、婬美に潤ませた可憐な貌を右に左に激しく振り立てた。

「あぁん、あん、あはん。 い、いい。 いって、逝ってもいいですか。」
 咲織は大きな感悩の渦潮に呑み込まれ様としていた。
「駄目に決まっているだろう。 もし、今逝ったら、二度と抱いてはやらない。」

『いや、いゃです。 それだけは。 どれだけ鞭で打たれても、どれだけ屈辱を与えられてもいい。 でも、抱いてください。 何時でも、この躯を。 抱いて貰えないなら、咲織は生きていく価値がありません。』

 きっぱりとした三宅の声に、咲織の辛うじて残っていた理性がはっと一瞬目覚める。
咲織は鞭で打たれている時よりも苦しげに眉根を寄せ、大きな瞳をぎゅっと閉じて、肉から湧き出る感脳と戦おうとした。 唇を血が出る程に噛み締めた。 それでも足らず、背中の掌に自分の爪を立てて耐えた。 

「あぁぁ、駄目、駄目、だめ。 許して、許して。 も、も、もぅ。 あ、はあ、あああんんん。」
 三宅は足指を器用に動かし、咲織の秘唇を震わせる。 秘唇の下に隠れた最も敏感な秘芽が自らの蜜をたっぷり含んだ麻縄に擦られる。 薄い皮のベールを被ってはいても、直接的な感悩の刺激がびんびんと稲妻となって躯を突き抜ける。 咲織はあられも無く啼き上げながら、亀甲に飾られたしなやかな裸身を床に叩きつける様に跳ねさせた。

「あぎゃぁぁぁぁぁ。」
 今、まさに耐えていた糸を切って、感悩が噴き上げ様としていた時だった。 咲織の乳房を三宅は情け容赦なく踏み付けた。 三宅の足の下でぷりんと上を向いていた乳房は押し潰され、惨めな姿を見せた。

 先程まで麻縄で根元を幾重にも縛られて吊り上げられ、自分の体重と言う錘をぶら下げさせられて、なお且つ鞭で容赦なく打たれた乳房は一たまりも無く、悲痛な叫びを上げた。 三宅の足を跳ね上げる様に、咲織の背が丸く弓反りに撓った。 

「逝くなと言っただろう。 奴麗だと言うなら、そのくらいの命令は守れ。 いや、守らせてやる。」
 三宅は咲織の胸を踏み付けている足をぐりぐりと捻じった。 

「うぐぅぅぅぅぅ。」

☆↓1日1回。1クリック願いします。

関連記事

PageTop