FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1753=踊る爪先。

「あぁぁぁんんんん。」
 優しすぎる感触が痺れた肉を蕩かしていく。 三宅が柔らかに咲織の乳首を唇に包み、暖かな舌が傷口を嘗めていく。 ぴりぴりとした細かな電気が感悩に疼く肉に流れ込む。 

 咲織の啼き声に悲痛さは無かった。 もっともっととねだる子猫の様な甘い音色が転がる。 縄を弾こうとしていた若い肢体が、とろりと縄を受け入れていた。 まだ洗濯ばさみのパステルカラーに彩られたままの爪先が歓びに小さく踊った。

 鞭を離した三宅の掌が、紅い咬み痕が点々と残る咲織の柔肌を滑らかに撫でていく。 掌から放たれる慈しみの熱に沸々と柔肌が生き返ってくる。 歓びが肉の奥へと拡がり、子宮に集まる。 咲織はいつしか熱い涙で頬を濡らしていた。

「あぁぁん。 もっと、もっと。 いゃっ、離れないで。 ご主人様ぁ、お願いです。」
 脇腹から下腹へと柔肌の上を滑っていた掌が止まり、乳首を柔らかに含んでいた唇が離れた。 肉に染み入る暖かさを求めて、咲織の総肌が騒めく。 咲織は躯が求めるままを口にしていた。 そのことを後悔する理性は最早無かった。 今まで口にしなかった言葉を零した後も、まだ濡れる瞳で三宅に訴え、自由にならない躯を反らせて、鞭と洗濯ばさみとに朱く染まった秘唇を突き出していた。

「感じさせて欲しいか。」
 踵を返し掛けた三宅の指が咲織の縄瘤を呑み込んで開いた秘唇の裏側をつーっとなぞった。 乳房だけでぶら下がった咲織の躯がくっと反り返る。 唇があわあわと喘ぎ、熱い吐息を噴き溢す。

「駄目だな。 もっと、もっと飢餓地獄にのたうちまわれ。 鞭でさえ嬉しいと涎を垂らすまで。」 
 三宅は掘り出し物を深夜に磨く好事家の様に眼を細めて、咲織の周りをゆっくりと巡った。 咲織はごくりと生唾を飲み下した。 その胸に麻縄がぎりりと喰い込んで来る。 

『本当に、もう、もう限界です。 ご主人様が欲しくて、欲しくてたまりません。 こうして、放って置かれるより、鞭の方がまだ・・・。 あぁ、鞭でもいい。 咲織をかまって。 疼きを忘れさせて。』

「打って、打ってください。 お好きなだけ。 咲織を狂わせて。」
「いいだろう。 ここが残っているしな。」
 咲織の小さな足指に咬み付いた洗濯ばさみを房鞭がさわさわと玩ぶ。 突然、鞭が唸りを上げた。 その音に咲織は麻縄を喰い込ませて躯を固くする。 三宅は目尻を下げて嗤った。 

「多少は楽にしてやろう。 その方がおまえの肉の疼きが辛くなる。」
 三宅は腰を落とした。 咲織の足首を弥が上にも細く頼りなげに見せる黒い足枷に新たな麻縄を巻いていった。

☆↓1日1回。1クリック願いします。

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。